赤ちゃんの運動発達(生後5ヶ月)

生後5ヶ月

生後5ヶ月の赤ちゃんの姿勢

赤ちゃんの運動発達は、特定の姿勢をとらせたときに標準的な体勢や動きが見られるかどうかで確認します。

生後5ヶ月頃は、乳幼児健診などで公的に赤ちゃんの運動発達を確認することはありません。

しかし、健常な発達を遂げている赤ちゃんの場合、首すわりが完成して身体の筋肉や運動機能も発達しているため、家庭で赤ちゃんに色々な姿勢をとらせ、運動発達を確認してみることができます。

赤ちゃんの運動発達を確認するためにとらせる姿勢は、以下の4つです。

  • 背臥位(仰向け)
  • 腹臥位(うつ伏せ)
  • 座位(お座り)
  • 立位(立つ)

背臥位(仰向け)

生後5ヶ月頃の赤ちゃんは、原始反射による反応が減少し、自分の意思で身体を動かして次々に新しい動きを覚えます。

両足を高く持ち上げる

赤ちゃんは、生後3ヶ月頃に両足を持ち上げて足裏を合わせる動きを覚え、生後4ヶ月頃に両手で両膝を触れるくらい両足を持ち上げられるようになります。

生後5ヶ月頃には、お尻が床から離れるくらい両足を高く持ち上げ、膝より下を手で触れるようになります。

足をと見つめる

生後4ヶ月頃にはハンドリガードを始めますが、生後5ヶ月頃になると、自分の足を見つめるようになります。

ハンドリガードと同じく、足が自分の身体の一部であることを確認する作業だと考えられています。

身体が柔らかい赤ちゃんは、指しゃぶりと同じ感覚で、足を口に入れてしゃぶることもあります。

MEMO
ハンドリガード:赤ちゃんが自分の手を見つめること

身体を横に向ける

生後5ヶ月の赤ちゃんは、自分の意思で身体を左右いずれかに向け、その状態で身体のバランスを保っていられるようになります。

また、身体を横に向けた状態で、身体を脇腹の方に身体を曲げて頭を持ち上げたり、身体を丸めたり反らしたりすることもあります。

寝返りすることもある

生後4ヶ月~生後5ヶ月頃の赤ちゃんは、身体を横に向ける動きを繰り返すうちに、勢い余って寝返りをすることがあります。

生後4ヶ月~5ヶ月頃は、自分の意思で寝返りするだけの筋肉が発達しておらず、身体の動かし方も身についていないため、動きがぎこちなく、片方の腕が身体の下敷きになることも珍しくありません。

また、うつ伏せになった後、仰向けに戻ることもできません。

そのため、体重で腕が圧迫されたり、窒息したりするリスクがあります。

赤ちゃんが正しい寝返りのやり方を覚え、寝返り返りをマスターするまでは、親が目を離す時間帯に寝返りをさせない工夫が必要になります。

MEMO
寝返り返り:うつ伏せの状態から仰向けの状態になる動き

腹臥位(うつ伏せ)

生後5ヶ月の赤ちゃんは、うつ伏せの状態から上半身を持ち上げたり、頭と両腕両足を持ち上げてお腹で身体のバランスをとる「飛行機のポーズ」をとったりします。

左右に身体を動かす

うつ伏せの状態で、両腕と両肘を使って上半身を持ち上げ、腕の位置を変えて左右を向くことができるようになります。

上半身の動きに合わせて下半身も動かして身体のバランスをとるなど、重心の移動も行います。

手の平を床につけ、腕の力で上半身を持ち上げる

赤ちゃんは、生後4ヶ月頃に両肘を床につけて身体を起こします。

生後5ヶ月頃には、手の平を床につけて腕を伸ばして身体を持ち上げ、背中を反らして胸が床から離れた姿勢を維持できるようになります。

ただし、まだお腹は床につけており、両足も後ろに伸びています。

ハイハイの練習

赤ちゃんが手の平を床につけて身体を支えられるようになったら、ハイハイの練習を始めることができます。

片手を赤ちゃんの股の下から差し入れて胸からお腹のあたりを支え、両手と両足が交互に出せるように促します。

飛行機のポーズ

うつ伏せの状態で頭を持ち上げて顔を正面に向け、両腕を横に伸ばし、両足の膝から下を持ち上げる姿勢もとれるようになります。

いわゆる「飛行機のポーズ」です。

最初はバランスをとるのが難しく、すぐ手をついたり、横に転がったりしますが、少しずつ姿勢を維持していられる時間が長くなります。

座位(お座り)

生後5ヶ月頃は、まだ自力でお座りしたり、お座り姿勢を維持したりするのは困難です。

バランスを崩すと腕で支えようとする

生後5ヶ月の赤ちゃんは、お座りした状態で身体が前に傾くと、両腕を伸ばして身体を支えようとします。

しかし、身体を支えられるだけの筋肉が発達しておらず、姿勢を維持できたとしても数秒程度で、たいていはすぐ転んでしまいます。

仰向けの状態から引き起こすと、頭が身体より前に出てくる

仰向けに寝た赤ちゃんの両腕を持って引き起こすと、頭が持ち上がり、身体よりも先に前に出ます。

生後4ヶ月頃は、身体に頭がついてくる感じでしたが、頭に身体がついてくるようになります。

立位(立つ)

大人の支えは必要ですが、原始反射の反応ではなく、自分の意思で足を伸ばして立つことを覚える時期です。

両足を床につけて、身体を支える

赤ちゃんは、生後1ヶ月頃に陽性支持反射の反応として両足で身体を支える動きを見せた後、生後2ヶ月頃に反射が消失し、立たせようとすると足を曲げるようになります。

生後4ヶ月頃に反射に頼らず両足を伸ばすようになり、生後5ヶ月頃には、短い時間なら両足を踏ん張って身体を支えられるようになります。

ただし、バランスを保ったまま立った状態を維持することは難しく、大人の支えが必要です。

MEMO
陽性支持反射:両脇を支えて立たせた赤ちゃんの足の裏を床につけると、つま先を突っ張って身体を支える原始反射

まとめ

生後5ヶ月の赤ちゃんの姿勢

赤ちゃんの運動機能は、背臥位(仰向け)腹臥位(うつ伏せ)、座位(お座り)、立位(立つ)をとらせて確認

背臥位(仰向け)
  • 両足を高く持ち上げる
  • 足を見つめる(ハンドリガードの足版)
  • 自力で身体を横に向ける
  • 寝返りすることもある
腹臥位(うつ伏せ)
  • 左右に身体を動かす
  • 手の平を床につけて腕の力で上半身を持ち上げる
  • ハイハイの練習を開始できる
  • 飛行機のポーズ
座位(お座り)
  • バランスを崩したときに腕で支えようとする
  • 仰向けの状態から引き起こすと、頭が身体より前に出る
立位(立つ)
  • 両足を床につけて身体を支える