赤ちゃんの運動機能(生後7ヶ月)

生後7ヶ月

生後7ヶ月の赤ちゃんがとれる姿勢

生後6ヶ月頃までの赤ちゃんができる姿勢は、背臥位(仰向け)、腹臥位(うつ伏せ)、座位(お座り)、立位(立つ)です。

生後7ヶ月になると、これらに加えて四つん這いの姿勢をとることができるようになります。

また、ズリバイ(腹ばい)を覚え、支えられながらであれば、足を交互に出すこともできるようになっていきます。

  • 背臥位(仰向け)
  • 腹臥位(うつ伏せ)
  • 四つん這い
  • 座位(お座り)
  • 立位(立つ)

以下、健常な発達を遂げた生後7ヶ月の赤ちゃんが各姿勢でできることを解説します。

背臥位(仰向け)

生後7ヶ月の赤ちゃんは、寝返りして仰向けからうつ伏せになったり、興味関心を持った近くの物に手を伸ばしたり、掴んだ物で遊んだりするなど、多彩な動きを見せます。

寝返りする

赤ちゃんは、生後6ヶ月頃に自分の意思で寝返りすることを覚え、生後7ヶ月頃になると、よりスムースに寝返りできるようになります。

しかし、寝返り返りはまだ難しく、寝返りしてうつ伏せ姿勢に飽きると「元に戻して」と要求し、仰向けに戻してもらうと、またすぐ寝返りするということを繰り返します。

MEMO
寝返り返り:うつ伏せの状態から仰向けの状態に戻ること

親の手を握って起き上がろうとする

生後6ヶ月頃までの赤ちゃんは、親が両腕を持って引き起こすと頭や身体を持ち上げていました。

生後7ヶ月頃になると、親が両手を差し出すと、自ら親の指を掴んで腕を引き、両足を伸ばして自力で起き上がることができるようになります。

ただし、何かの拍子で指を離して後頭部を床にぶつける危険があるため、親が赤ちゃんの腕を持っておく必要があります。

頭を持ち上げたり、足で物に触れたりする

仰向けの状態で頭を持ち上げて、足の方を眺めたり、お腹の近くに差し出されたおもちゃを掴んだりします。

また、腰を上げて足を伸ばし、高いところにある物に触れようとすることもあります。

腹臥位(うつ伏せ)

赤ちゃんは、生後7ヶ月になると、起きている間はうつ伏せで過ごす時間が長くなります。

姿勢や向きを変える

生後7ヶ月の赤ちゃんは、うつ伏せの状態で動かずにいることはほとんどなく、床に手の平をついて腕の力で身体を持ち上げたり、腕や足を使って身体の向きを変えたりします。

また、近くの物に手を伸ばし、届かないと身体を伸ばして掴もうとするようになります。

ズリバイ(腹ばい)を覚える

生後7ヶ月頃になると、個人差はありますが、ズリバイを始める赤ちゃんが出てきます。

ズリバイとは、お腹を床につけた状態で、腕や足の裏で床を押したり蹴ったりして前や後ろに這って進む動きです。

ズリバイを覚えたての頃は、足で床を蹴る一方で腕を突っ張り、後ろ向きに進むことが多いものです。

しかし、繰り返すうちに「あれ、前に進みたいのに後ろに進んでいるぞ。何かおかしいな。」と自分で気づき、腕の動かし方を変えて前に進めるようになります。

四つん這い

生後7ヶ月頃の赤ちゃんが新しく覚える姿勢が、四つん這いです。

赤ちゃんは、両腕で上半身を持ち上げ、足を片方ずつ折り曲げてから、ゆっくりと下半身を持ち上げて四つん這いの姿勢になります。

身体を前後左右に揺さぶる

最初は、両腕と両足で身体を支えた状態で身体を前後に揺らすのがやっとです。

前のめりになって顔を床にぶつけたり、バランスを崩して横に転んだりすることがあるため、近くで見守らなければなりません。

慣れてくると前後左右に身体を揺さぶって遊ぶようになりますが、両腕両足を交互に動かしてハイハイを始めるのは、まだ難しいものです。

生後7ヶ月以前から四つん這いの練習をさせることもありますが、赤ちゃんの身体への負担を考えると、自発的に四つん這いを始めるのを待つのが安全です。

お座りの姿勢になることもある

四つん這いの状態で身体を揺すっているうちに、後ろに重心が移ってお座りのような姿勢になることがあります。

お尻の下に足が挟まることもありますが、徐々にお座りの姿勢に移れるようになります。

座位(お座り)

生後7ヶ月の赤ちゃんは、腰が座り始めてお座りの姿勢が安定するようになります。

うつ伏せから四つん這い、四つん這いからお座りへと自力で姿勢を変えることを覚えます。

また、お座りから四つん這い、四つん這いからうつ伏せへと姿勢を変えることも可能になります。

両手をつかずにお座りの姿勢を維持できる

赤ちゃんは、生後6ヶ月頃には、両手を床についてお座りの姿勢を維持していました。

しかし、生後7ヶ月頃になると、身体のバランス感覚が向上するため、両手を床につけなくてもお座り姿勢を保っていられるようになります。

お座りの姿勢で両手を使って遊ぶ

両手を床につけずにお座りできることで、両手で近くのおもちゃを掴んだり、両手を使っておもちゃで遊んだりすることが可能になり、手先の器用さが向上していきます。

また、お座り姿勢で身体を動かすことで、さらにバランス感覚が養われ、身体の動かし方も上手になります。

ただし、物音や慣れない刺激に驚いてバランスを崩すことがあるため、赤ちゃんがお座りしているときは傍で見守らなければなりません。

お座りから四つん這いへと姿勢を変える

お座りの姿勢から、両手を前方の床につけて、足をお尻の方に下げて四つん這いの姿勢になることができます。

そして、四つん這い姿勢から足を後ろに伸ばしてうつ伏せになる動きも覚えます。

立位(立つ)

生後7ヶ月頃の赤ちゃんは、両脇を支えていれば自分の足で立っていることができます。

足を交互に出して歩く

赤ちゃんは、低月齢の頃は、自立歩行反射によって足を交互に出していました。

生後7ヶ月頃の赤ちゃんの両脇を支えて立たせると、自分の意思で足を交互に上げて前に出すようになります。

まとめ

生後7ヶ月の赤ちゃんの姿勢

赤ちゃんの運動機能は、背臥位(仰向け)、腹臥位(うつ伏せ)、四つん這い、座位(お座り)、立位(立つ)をとらせて確認

背臥位(仰向け)
  • 寝返りする
  • 親の手を握って起き上がろうとする
  • 頭を持ち上げたり、足で物に触れたりする
腹臥位(うつ伏せ)
  • 姿勢や向きを自分で変える
  • ズリバイを覚える
四つん這い
  • 身体を前後左右にゆっくり揺さぶる
  • お座りの姿勢になる
座位(お座り)
  • 両手を床につけなくてもお座り姿勢を維持する
  • お座り姿勢のまま両手で遊ぶ
  • お座りから四つん這いへ姿勢を変える
立位(立つ)
  • 足を交互に出して歩く