心理学用語や心理学を活かせる仕事を解説

自律神経系とは何かを簡単に解説!交感神経と副交感神経のはたらきは?

神経系とは

神経系とは、神経組織で構成される器官系をまとめた呼び方です。

神経系は中枢神経系と末梢神経系に分類され、末梢神経系は体性神経系と自律神経系に分けられます。

さらに、体性神経系は感覚神経と運動神経に、自律神経系は交感神経と副交感神経に分けられています。

中枢神経系脳と脊髄(大脳、小脳、脳幹、脊髄)
末梢神経系体性神経系感覚神経
運動神経
自律神経系交感神経
副交感神経

中枢神経系

中枢神経系とは、神経系の働きの中枢となる部分です。

具体的には、脳と脊髄が中枢神経系です。

末梢神経系

末梢神経系とは、中枢神経系以外の神経系です。

脳から出てものを脳神経、脊髄から出るものを脊髄神経といい、中枢神経系と身体末梢部を連絡する役割を担っています。

体の知覚と運動を制御する体性神経系と、血管や内臓などの自律制御に携わる自律神経系に分けられます。

体性神経系

体性神経系とは、骨格筋の反射による運動機能の調節(体性感覚などに基づく)や、意思による運動機能(大脳皮質の働きに基づく)に関わる神経系です。

簡単に言えば「運動や感覚に関わる神経で、感覚神経と運動神経に分けられます。

体性神経系の種類機能
感覚神経視覚や聴覚などの感覚を中枢神経系に伝える神経

興奮が中枢に向かうので「求心性神経」とも呼ばれる
運動神経
筋肉の動きを中枢神経系に伝える信号が伝える神経
中枢から末梢へと信号が伝わるので「遠心性神経」とも呼ばれる

自律神経系については、詳しく解説していきます。

自律神経系とは

自律神経系とは、末梢神経系のうち、血圧、呼吸数、消化・吸収など体内の特定の活動を自律的に行う神経系です。

人の生命維持に必要な機能の制御に関与しており、意識しなくても自動的(自律的)に機能するので「自律」神経系と呼ばれます。

交感神経系と副交感神経系という2つの神経系で構成されるほか、腸管を司る壁内腸神経系という神経系も含まれます。

体全体に分布しており、以下の内臓器官などを制御しています。

血管、心臓、汗腺、胃、腸管、肝臓、腎臓、膀胱、性器、肺、瞳孔、唾液腺、消化腺など

自律神経系の種類

自律神経系は、交感神経系と副交感神経系の2つに分類されます。

交感神経系または副交感神経系のいずれかに制御されている臓器が多いですが、2つの神経が1つの臓器に対して反対の作用を及ぼすこともあります。

例えば、血圧です。

血圧は交感神経系によって上昇しますが、副交感神経系によって低下します。

交感神経系と副交感神経系が協調して機能することにより、私たちの体は様々な状況に適切に反応することができるのです。

交感神経系

交感神経系とは、ストレス状況下や緊急事態に体の状態を調節する神経系です。

例えば、強いストレスを受ける状況で、気道を拡張して呼吸しやすくしたり、心拍数を増やしたり、心臓の収縮力を高めたりします。

また、危機的状況に直面したときに、手のひらが汗ばんだり、瞳孔が散大したり、体の毛が逆立ったりするのも交感神経系の働きによるものです。

こうした「闘争・闘争反応」を引き起こす一方で、緊急時に優先度の低い消化や排尿などの機能を鈍らせることも分かっています。

交感神経系の働き
  • 心拍数と心臓の収縮力を増大させる
  • 肝臓に蓄積されたエネルギー放出量を増大させる
  • 基礎代謝率を増大させる
  • 筋力を増大させる
  • 気道を広げる
  • 手の平の発汗を促す
  • 消化や排尿などを鈍らせる

副交感神経系

副交感神経系とは、日常場面で体の内部の活動を制御する神経系です。

副交感神経系には、心拍数を減らしたり、血圧を低下させたり、消化管を刺激して食物の消化や不要物の排泄を促したりすることにより、エネルギーを体内に保存し、体を回復させる役割があります。

副交感神経系の働き
  • 消化管を刺激することで食物の消化や不要物の排泄を促す

心拍数を遅くする

血圧を下げる

公認心理師試験の出題歴

自律神経系は、第1回公認心理師試験に出題されました(正答は赤字)。

問25 自律神経系について、正しいものをઃつ選べ。

①交感神経系の活動が亢進すると、気道が収縮する。

②交感神経系の活動が亢進すると、血圧が上昇する。

③副交感神経系の活動が亢進すると、瞳孔が散大する。

④副交感神経系の活動が亢進すると、発汗が減少する。

⑤ストレスが加わると、副交感神経系の活動が亢進する。

第1回公認心理師試験

交感神経系と副交感神経系のはたらきの基本を問う問題です。

交感神経系の活動が亢進すると気道は拡張するので、誤り
交感神経系の活動が亢進すると、血圧が上昇するので、正答
交感神経系の活動が亢進すると、瞳孔が散大するので、誤り
発汗は交感神経系の活動が関係しているので、誤り
ストレスが加わると、交感神経系の活動が亢進するので、誤り

まとめ

神経系とは

神経組織で構成される器官系の総称

中枢神経系と末梢神経系に大別され、末梢神経系は体性神経系(運動神経と感覚神経)と自律神経系(交感神経系と副交感神経系)に分けられる

自律神経系とは

末梢神経系のうち、体内の特定の活動を自律的に行う神経系

異常事態などに亢進する交感神経と、平常時にはたらく副交感神経系で構成される

公認心理師試験の出題歴

第1回試験・問25

スポンサーリンク