心理学の世界にコロがりこもう!

キャリアコンサルタントとは?国家資格試験の難易度と合格率、講座の選び方は?

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとは

キャリアコンサルタントとは、就職や転職など職業選択に関する相談業務を行うための国家資格です。

キャリアコンサルタントは、就職・転職希望者が「よりよい働き方」や「よりよい生活」を実現できるよう、キャリアの視点から本人の生き方を捉えてアドバイスを行います。

働き方が多様化し、自分に合った仕事が何なのか見つけづらい現代において、就職・転職の相談に乗り、本人が希望や適性に合った仕事を見つけられるようアドバイスするという重要な役割を担っているのです。

そのため、就職・転職希望者に仕事を紹介するだけでなく、本人の仕事に対する意欲や課題を引き出したり、適性や経験・実績を整理して隠れた才能を発見することも重要な業務となります。

キャリアコンサルタントの法的根拠

キャリアコンサルタントの法的根拠は、職業能力開発促進法です。

キャリアコンサルタントは、キャリアコンサルタントの名称を用いて、キャリアコンサルティングを行うことを業とする。

引用:職業能力開発促進法第30条の3

キャリアコンサルティングについても、同法で定義されています。

この法律において「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいう。

引用:職業能力開発促進法第2条第5項

名称独占資格

キャリアコンサルタントは、有資格者だけが名乗ることができる登録制の名称独占資格です。

キャリアコンサルタント出ない人は、「キャリアコンサルタント」はもちろん、第三者が誤解するような紛らわしい名称も名乗ることができません。

キャリアコンサルタントでない者は、キャリアコンサルタント又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない。

引用:職業能力開発促進法第30条の28

キャリアコンサルタントは、厚生労働省のキャリアコンサルタント養成計画(自らの職業能力の棚卸に基づきキャリアアップ・キャリアチェンジを考える機会を多くの国民に提供するための方策)の一環として創設されました。

それまでのキャリアコンサルティング業界は、知識や技能がバラバラなキャリアコンサルタントが玉石混交で存在しており、適切なアドバイスを受けにくい状態が続いていました。

キャリアコンサルタントが国家資格化されたことで、一定水準の知識やスキルを備えた人だけがキャリア形成の専門家を名乗れるようになり、より適切なキャリアコンサルティングを受けられるようになっています。

基本情報

資格キャリアコンサルタント
認定団体厚生労働省
取得方法・講座
・資格試験合格
取得の流れ1.キャリアコンサルタント試験の受験資格を得る

2.キャリアコンサルタント試験に合格する

3.登録する

難易度★★★☆☆

【↓キャリアコンサルタント養成講座の資料請求↓】

キャリアコンサルタント講座

キャリアコンサルタント資格を取得する方法

キャリアコンサルタント登録制度

出典:国家資格キャリアコンサルタントWebサイト

キャリアコンサルタントになるには、キャリアコンサルタント試験の受験資格を得た上で試験を受けて合格し、登録する必要があります。

キャリアコンサルタント試験の受験資格

受験資格を得るには、以下の要件のいずれかを満たす必要があります。

  • キャリアコンサルティングに必要な知識及び技能に関する講習で厚生労働省令で定めるものの課程を修了
  • 労働者の職業の選択、職業生活設計、職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関して3年以上の経験
  • 技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験または実技試験に合格
  • その他、上記3つと同等以上の能力

【↓キャリアコンサルタント養成講座の資料請求↓】

キャリアコンサルタント講座

キャリアコンサルタント試験

キャリアコンサルタント試験は、年4回実施されています。

試験は学科試験と実技試験(論述・面接)で構成され、両方に合格する必要があります。

試験の免除規定

以下の条件に当てはまる場合、キャリアコンサルタント試験の一部が免除されます。

条件免除される試験
前回までのキャリアコンサルタント試験において、学科試験または実技試験のいずれかに合格した合格した試験
技能検定キャリアコンサルティング職種の1級または2級の学科試験の学科試験または実技試験のいずれかに合格した合格した試験に対応するキャリアコンサルタント試験
キャリアコンサルタント能力評価試験など、平成28年3月までに実施され、厚生労働大臣が姿勢する試験でキャリアコンサルタント試験と同等以上の試験に合格した

厚生労働大臣が指定する試験等

合格した試験に対応するキャリアコンサルタント試験

試験の実施団体

キャリアコンサルタント試験は、厚生労働大臣の認可を受けた2つの団体が実施しています。

  • 特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会
  • 特定非営利活動法人JCDA(日本キャリア開発協会)

実施団体によって試験日や試験地が異なります。

試験の日程

試験の回日程
第13回【学科・論述試験】

2019年11月3日(日)

【実技・面接試験】

2019年11月16日(土)、17日(日)
【追加日程】

2019年11月10日(日)

【申込期間】

2019年8月16日(金)~2019年9月2日(月)

【合格発表】

2019年12月13日(金)予定

第14回【学科・論述試験】

2020年3月8日(日)
【実技・面接試験】

3月14日(土)、15日(日)

【追加日程】

2019年3月21日(土)
【受験申込期間】

2019年12月13日(金)~2020年1月6日(月)

【合格発表】

2020年4月17日(金)予定。

第15回【学科・論述試験】

2020年6月28日(日)

【実技・面接試験】

2020年7月11日(土)、12日(日)

第16回【学科・論述試験】

2020年11月1日(日)

【実技・面接試験】

2020年11月7日(土)、8日(日)

試験の基本情報

項目説明
試験区分国家資格
主催厚生労働省

(キャリアコンサルティング協議会、JCDA)

試験地札幌・仙台・東京・金沢・名古屋・大阪・広島・高松・愛媛・福岡・沖縄

回によって開催されない地域もあり(各回の受験案内の試験実施築を確認する必要あり)

出題形式【学科試験】

四肢択一のマークシート

【実技試験】

1.論述試験
逐語記録を読んで設問に解答(記述)

2.面接試験

ロールプレイと口頭試問がある

・ロールプレイ:キャリアコンサルタント役となり、キャリアコンサルティング場面の冒頭15分間のロールプレイを行う。

・口頭試問:自分のキャリアコンサルティングについて試験官の質問に応答する。

試験科目・職業能力開発促進法その他関係法令に関する科目

・キャリアコンサルティングの理論に関する科目

・キャリアコンサルティングの実務に関する科目

・キャリアコンサルティングの社会的意義に関する科目

・キャリアコンサルタントの倫理と行動に関する科目

問題数学科試験:50問

論述試験:1~2問

実技試験:1問

受検料【学科試験】

税込8,900円

【実技試験】

税込29,900円

合格基準【学科試験】

得点率が7割以上(100点満点中70点以上)

【実技試験】

150点満点中90点以上。

・論述試験:満点の4割以上

・面接試験:評価区分の「主訴・問題の把握」、「具体的展開」、「傾聴」の全てで満点の4割以上が必要

試験の合格率

学科試験実技試験
受検者数合格者数合格率受検者数合格者数合格率
第8回1,387人871人59.9%1,083人779人71.9%
第9回1,366人439人32.1%1,098人745人67.9%
第10回1,846人1,161人62.9%1,317人865人65.7%
第11回1,919人1,203人62.7%1,636人1,213人74.1%

キャリアコンサルタントとして登録する

キャリアコンサルタントとして働くには、試験合格後にキャリア・コンサルティング協議会で「キャリアコンサルタント名簿」に登録する必要があります。

資格登録説明
登録の流れ1.キャリアコンサルタントWebサイトで新規登録申請する

2.登録後、マイページで試験の合格証をアップロードする

3.登録に必要な書類を送付する

4.登録審査

5.登録手数料を支払う

6.登録証発行

※詳細は上記ウェブサイト内で確認可能

登録料【登録手数料】

8,000円

【登録免許税】

9,000円

登録できないケース

以下のいずれかに当てはまる場合は、試験に合格してもキャリアコンサルタントとして登録することができません。

  • 成年被後見人または被保佐人
  • 職業能力開発促進法または法に基づく命令に違反し、罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から 2 年を経過しない人
  • 法または法に基づく命令以外の法令に違反し、禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から 2 年を経過しない
  • 法第30 条の 22 第 2 項の規定により登録を取り消され、その取消しの日から 2 年を経過しない

いずれもキャリアコンサルタントとして働くことができない、または働くことが望ましくないケースです。

キャリアコンサルタント資格の更新

キャリアコンサルタントとして相談者の就職・転職相談に応じ、適切なアドバイスをするためには、仕事に関する最新の法律に精通し、常に新しい知識や技能を仕入れて、専門性を維持・向上する必要があります。

そのため、キャリアコンサルタント資格は5年ごとの更新制になっており、また、更新の条件として、厚生労働大臣が指定する講習(知識講習8時間、技能講習30時間)の受講が義務づけられています。

キャリアコンサルタントの上位資格

キャリアコンサルタントの上位資格には、キャリアコンサルティング技能士があります。

更新制度に加え、上位資格の存在も、キャリアコンサルタントとしての知識や技能を維持・向上させるモチベーションになっています。

なお、技能士の資格を取得すれば、キャリアコンサルタントの更新講習が免除されます。

キャリアコンサルタントの難易度

キャリアコンサルタント資格は、受験資格の得やすさも試験の難易度も、国家資格の中では易しい部類に入ります。

同じ心理系の国家資格である公認心理師資格が、受験資格として単位取得と大学・大学院の卒業や実務経験を課しているのと比較すると、誰でも取得しやすい資格と言えます。

公認心理師とは?英語表記は?受験資格の特例措置(経過措置)はいつまで?

キャリアコンサルタント養成講座の選び方

キャリアコンサルタント試験を受験するには、原則として、厚生労働省認定する養成講座を受講する必要があります。

キャリアコンサルタント養成講座は複数のスクールで開講されているので、各スクールの講座内容を比較検討し、自分に合った講座を受講することになります。

「面倒だから有名な講座で良い」と思うかもしれませんが、「有名な講座=あなたに合った講座」とは限りません。

確実に資格を取得したいと思うなら、学科試験対策重視なのか実技(論述・面接)試験重視なのか、学習サポートの範囲、講座の費用など、細かい違いまで比較して選ぶことが大切です。

【↓キャリアコンサルタント養成講座の資料請求↓】

キャリアコンサルタント講座

キャリアコンサルタントの就職先と仕事内容

キャリアコンサルタントは、就職・転職希望者の経験や実績、能力を踏まえて、就職先の選択や実際の就職・転職活動の方法についてアドバイスするのが主な業務です。

厚生労働省が施策としてキャリアコンサルタント養成計画を推進したように、現代日本ではキャリアコンサルタントの需要が高く、活躍できる分野や場所は多岐にわたります。

人材派遣会社・転職支援会社

キャリアコンサルタントの仕事としてイメージしやすいのは、人材派遣会社や転職支援会社における業務でしょう。

利用者の相談に応じ、派遣先企業や就職・転職先企業の選択やマッチングを行うとともに、必要に応じて就職後のフォローも行います。

企業

キャリアコンサルタントの就職先として最も多いのは、実は一般企業です。

従業員のキャリア相談に応じ、キャリア形成についてアドバイスする企業内カウンセラーとして働くことができます。

従業員の就職や転職に関わることもありますが、主に企業内でのキャリアに関するアドバイスなどを行います。

公的機関

ハローワークなどで勤務するキャリアコンサルタントもいます。

求職者の相談に応じ、経験や実績、能力に応じた求人先を紹介したり、必要なフォローをしたりすることになります。

教育機関

代表的なのが大学の進路相談でしょう。

大学生の進路相談に応じ、適性のある職業を紹介したり、キャリア形成に関する講義を行ったりして、学生の就職を支援します。

大学以外にも、高校、大学院、専門学校などにもキャリアコンサルタントは勤務しています。

独立

キャリアコンサルタントは国家資格であり、資格取得者はキャリア形成の専門家として評価されます。

そのため、キャリアコンサルタントとして独立し、企業や団体などの委託を受けてキャリアコンサルティングをしたり、講演活動に従事したりすることも可能です。

キャリアコンサルタントの口コミ

30代男性

産業分野で心理学を活かして働きたいと思い、キャリアコンサルタントの資格を取得しました。

現在は、企業内カウンセラーとして働いています。

教育、福祉、医療分野への就職では臨床心理士や公認心理師資格が強いですが、産業分野ではキャリアコンサルタント資格があると、選べる仕事の幅が広がり、待遇面も優遇されやすい傾向にあります。

心理職とキャリアコンサルタントが結びつきづらいかもしれませんが、がっつり心理学を活かして働くことができますよ。

40代女性

キャリアコンサルタントとキャリアコンサルティング技能士の資格を活かして、独立開業しています。

複数の上場企業様からの委託でキャリアコンサルティング業務を行う他、講演活動も積極的にこなしており、経済的にも安定した生活を送ることができています。

いわゆるFラン大学卒業で三流企業に就職し、うだつの上がらない生活をしていましたが、30代後半で一念発起して正解でした。

キャリアコンサルタントは、努力すれば誰でも取得できる国家資格なので、学歴や経歴がないけど成功したいという人にはおすすめです。

20代男性

「コンサルタントってカッコいい」という極めてボヤッとした動機でキャリアコンサルタント資格の勉強を始めました。

しかし、日本マンパワーのキャリアコンサルタント養成講座を受講して就職・転職サポートに魅力を感じるようになり、資格取得後は転職支援会社に就職しました。

養成講座は勉強する人のモチベーションを大きく左右するので、慎重に選ぶべきだと思います。

20代女性

現在、キャリアコンサルタントとして転職相談会社で勤務しています。

人相手の仕事なのでストレスも多いですが、人生の岐路に立つ相談者に寄り添い、より良い働き方を一緒に探すことに強いやりがいを感じています。

月並みですが、就職・転職した人からの「ありがとう」は、何よりの宝物です。

キャリアコンサルタント養成講座はヒューマンアカデミーで受講しました。

最初は他のスクールを検討しましたが、複数スクールの資料を検討してみて「本当にこの講座で資格が取得できるかな。」と不安を感じ、ヒューマンアカデミーに決めました。

【↓キャリアコンサルタント養成講座の資料請求↓】

キャリアコンサルタント講座

こんな人におすすめ

  • 学歴や経歴に関係なく国家資格を取得したい人
  • キャリア形成のプロとして独立開業したい人
  • コンサルティングに関心がある人
  • 自分の就職・転職経験を活かしてキャリア形成についてサポートしたい人

【↓キャリアコンサルタント養成講座の資料請求↓】

キャリアコンサルタント講座

まとめ

キャリアコンサルタントとは

職業選択に関する相談業務を行うための国家資格

キャリアコンサルタント資格を取得する方法

養成講座を受講・修了して試験に合格する

キャリアコンサルタント養成講座の選び方

複数のスクールを比較検討し、自分に合った講座を選ぶことが大切

キャリアコンサルタントの就職先と仕事内容
  • 人材派遣会社・転職支援会社
  • 企業
  • 公的機関
  • 教育機関
  • 独立
キャリアコンサルタントの口コミ

本文記載のとおり

こんな人におすすめ

本文記載のとおり