心理学の世界にコロがりこもう!

ケース・フォーミュレーションの意味とは?具体的な手順は?

ケース・フォーミュレーション

ケース・フォーミュレーションとは

ケース・フォーミュレーションとは、相談者が抱える心理的な問題について、問題を生じさせる要因、問題を維持している要因、症状の特徴、相談者自身の特性を個別にアセスメントし、介入の対象となる問題の成り立ちを説明する仮説を立てて、介入に反映させることです。

もう少し簡単に簡単に言い換えると、「なぜ相談者の問題は生じたか、どのように問題が変化しているか、なぜ問題が維持されているか、どのような解決が問題の改善に必要かなどの仮説を立てて、介入に反映させること」となります。

ケース・フォーミュレーションは、認知行動療法などで使用される手法です。

問題や症状を生じさせた直接的な出来事、それに対する相談者の認識、相談者の成育史、相談者を取り巻く社会環境の影響、現在の症状について、認知、感情、行動、身体反応に分けて1枚の用紙に記入し、相談者に提示して意見をもらうなど適宜修正しながら介入が進められます。

ケース・フォーミュレーションでは、既存の理論の一方的な当てはめによる解釈や、ラベリングによる理解ではなく、相談者一人ひとりの問題に対してオーダーメイドの介入計画を作成し、効果がなければ修正を繰り返して問題の改善を試みます。

英語では、「case formulation」と表記され、日本語ではケース・フォーミュレーションとカタカナ表記されます。

【無料】心理カウンセラー講座の資料請求

ケース・フォーミュレーションの手順

ケース・フォーミュレーションは、以下の手順で行います。

  1. アセスメントによって問題に関連するデータを収集する。
  2. 得られたデータを分析し、介入のターゲットとなる具体的問題を同定する。
  3. その問題を維持させている悪循環に関する仮説としてCFを生成する。
  4. クライエント(患者や関係者)にCFを提示し、問題理解について説明(心理教育)する。
  5. クライエントからCFに関する意見をもらい、CFを修正する。
  6. CFの修正作業を通してクライエントとの間で問題理解を共有し、問題解決に向けての協働関係を深める。
  7. 共有したCFを作業仮説として介入方針を定める。
  8. 介入方針をクライエントに説明(心理教育)し、合意を得る。
  9. 介入方針に関する合意を得る過程でクライエントの動機づけを高める。
  10. 介入した結果、効果が見られない場合にはCFを修正する。
  11. 修正されたCFに基づき介入方法を変更して介入を進める。
  12. 介入効果が見られたならば、CFに基づき再発防止のための留意点を確認し終結とする。

引用:公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法

※CFはケース・フォーミュレーションの略

ケース・フォーミュレーションを生成するには、3つの段階を踏むことになります。

相談者の問題を明確化する

ケース・フォーミュレーションでは、まず相談者の問題を明確にすることにより、介入の方針を立てることになります。

問題を明確化するには、初回面接で相談者との間にラポールを形成し、問題を明確化するための情報を収集することに努めます。

最初のうちは相談者に話したいことを自由に話してもらい、後半に問題の明確化に必要な部分について質問するのが基本です。

相談者が話してくれる内容は、問題の本質ではなく、問題の一部、問題の結果として生じた状況などであることも少なくありません。

そのため、ケース・フォーミュレーションに必要な情報を正確かつ適切に収集するための知識や技術が要求されます。

具体的には、以下のような内容を聴取します。

  • 素因(遺伝、体質、家族関係など)
  • 問題の発生要因(病気、異動、昇進・降格、母子分離など)
  • 維持・発展要因(味方の不在、周囲の冷たい目、危険にさらされる環境など)など

実際に聴取する内容は、相談者が抱える問題の内容に応じて取捨選択します。

「網羅的に聴取する方が良い。」と思うかもしれませんが、情報が増えすぎるとケース・フォーミュレーションの生成が難しくなりますし、相談者の負担が重くなってしまいます。

「簡にして要を得た」聴取が求められます。

経験が浅いうちは聞きすぎるまたは聞かなさすぎるという経験をすることが多いですが、常に必要十分な情報の聴取を心がけて研鑽を重ねれば、徐々にケース・フォーミュレーションに必要な情報だけを得られるようになっていきます。

ただし、ケース・フォーミュレーションに必要ないから聞かないという姿勢は好ましくありません。

相談者自身が話したいことには時間の枠内で耳を傾けることも大切な姿勢です。

問題を改善するための仮説を検討する

情報が収集できたら、相談者の問題の改善に資する仮説を検討する段階に移ります。

収集した情報から相談者の問題の発生要因や維持要因を探り、介入の対象を見極めて仮説を絞り込んでいきます。

仮説の検討段階では、面接法、行動観察法、心理検査の3つの方法を用います。

面接法相談者と面接して話し合いながら仮説を立てるための情報を収集する

・構造化面接:あらかじめ用意した質問項目に沿った面接

・半構造化面接:用意した質問項目+話の流れに応じて質問を追加

・非構造化面接:相談者に自由に話してもらう

行動観察法特定の状況下で行動を観察して情報を収集する

【場面】

・自然観察法:日常場面を観察

・実験観察法:規定された環境で観察

【観察方法】

・参加観察法:相談者が観察者と一緒に過ごして観察

・非参加観察法:ビデオやマジックミラー越しに観察

心理検査各種心理検査を用いて情報を収集する

・知能検査:知能を調べる

・人格検査:パーソナリティや自我状態を調べる(質問紙法、投影法、作業検査法)

・神経心理学的検査:言語障害や高次脳機能障害の患者などから情報を収集する

ケース・フォーミュレーションの生成

収集した情報を踏まえて、ケース・フォーミュレーションを生成します。

生成後は、相談者にケース・フォーミュレーションを提示して問題について説明を行います。

相談者から意見をもらいながら修正し、問題理解を共有するとともに、一緒に治療するという協働関係を築きます。

修正後のケース・フォーミュレーションに相談者が合意したら介入を開始し、介入の効果を確認と修正を重ねながら問題の改善に進んでいきます。

ケース・フォーミュレーションのポイント

ケース・フォーミュレーションの重要なポイントをピックアップしておきます。

  • 介入対象である相談者の問題のきっかけや維持の要因を説明する仮説であり、相談者の意見などで柔軟に変えていくものである
  • 相談者やその関係者と共有するものであり、視覚化を含めて相談者などが理解しやすいように問題を構成する要因を簡単に示す
  • 素因、問題の発生要因、維持・発展要因を総合的に扱う
  • 相談者の問題の発生要因、維持要因、現在の状況について検証し、改善に努める
  • 問題の維持要因については、刺激、反応、結果に注目する
【無料】心理カウンセラー講座の資料請求

公認心理師試験の出題歴

ケース・フォーミュレーションは、第1回公認心理師試験に出題されました(正答は赤字)。

問18 ケース・フォーミュレーションについて、正しいものを1つ選べ。

①一度定式化したものは修正しない。

② できるだけ複雑な形に定式化する。

③全体的かつ安定的な心理的要因を検討する。

④ クライエントと心理職との共同作業を重視する。

⑤症状を維持するメカニズムや診断名を考慮しない。

引用:第1回公認心理師試験問題

公認心理師試験については、「公認心理師とは?受験資格と特例措置、試験合格率は?臨床心理士との違いは?」で詳しく解説しています。

【無料】心理カウンセラー講座の資料請求

まとめ

ケース・フォーミュレーションとは

相談者の心理的問題について、発生要因、維持要因、症状の特徴、相談者自身の特性を個別にアセスメントし、介入対象となる問題の成り立ちを説明する仮説を立て、介入に反映させること

ケース・フォーミュレーションの手順

本文記載のとおり

公認心理師試験の出題歴

第1回試験・問18