心理学の世界にコロがりこもう!

児童虐待とは?しつけとの違いは?虐待が子どもに与える影響は?

児童虐待

児童虐待とは

児童虐待とは、父母などの保護者から子どもに対する身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、心理的虐待の総称です。

児童虐待の定義

児童虐待の防止等に関する法律(以下「児童虐待防止法」という。)第2条では、以下のとおり定義されています。

この法律において、「児童虐待」とは、保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう。以下同じ。)がその監護する児童(十八歳に満たない者をいう。以下同じ。)について行う次に掲げる行為をいう。

一 児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること。

二 児童にわいせつな行為をすること又は児童をしてわいせつな行為をさせること。

三 児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置、保護者以外の同居人による前二号又は次号に掲げる行為と同様の行為の放置その他の保護者としての監護を著しく怠ること。

四 児童に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応、児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力(配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。)の身体に対する不法な攻撃であって生命又は身体に危害を及ぼすもの及びこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動をいう。第十六条において同じ。)その他の児童に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと。

(引用:児童虐待防止法第2条)

児童虐待の定義とともに、児童虐待防止法における児童が「18歳に満たない者」であることも注意しておきましょう。

児童虐待にあたる行為

厚生労働省のウェブサイトでは、身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、心理的虐待の具体例が示されています。

身体的虐待殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する など
性的虐待子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など
ネグレクト家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など
心理的虐待言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

引用:児童虐待の定義と現状|厚生労働省児童虐待の定義と現状|厚生労働省

児童虐待の件数

厚生労働省のウェブサイトでは、「児童虐待相談対応件数」が公表されています。

児童虐待相談対応件数

虐待種別件数

出典:児童虐待の相談対応件数|厚生労働省

1990年から毎年増え続けており、2017年(平成29年)には速報値ですが13万件を超えています。

児童虐待の相談件数が増加した原因としては、以下のような事情が挙げられています。

  • 心理的虐待の相談対応件数の増加した:平成28年度は63,186件、平成29年度は72,197件(+9,011件)
  • 警察等からの通告が増加した:平成28年度は54,812件、平成29年度は66,055件(+11,243件)

なお、上記の数値はあくまで児童相談所で相談に対応した件数であり、氷山の一角に過ぎません。

虐待としつけの違い

虐待としつけの違いを一言で表現するとすれば、「大人が感情にまかせて力で子どもをコントロールしようとするかどうか」の違いです。

感情にまかせて子どもをコントロールしようとするのが虐待、子どもが自分の感情や行動をコントロールできるように落ち着いて教え諭すのがしつけです。

児童虐待を英語にすると「Child abuse」ですが、「abuse」という単語は「誤用」や「濫用」という意味を持ちます。

つまり、大人が力(親の立場や権威、身体的優位性など)を濫用するのが児童虐待です。

身体的虐待、心理的虐待、性的虐待は親の立場や権威、身体的優位性を間違った方向に行使する行為であり、ネグレクトは親として子どもを監護教育する義務を放棄する行為であり、いずれも親の力を濫用しています。

子どもをコントロールできない怒りやイライラを、親の力を濫用して(または行使しないで)自分の欲求を充足させているということもできます。

しつけは、子どもの教育の一環として、「子どもを中心」に考えて真剣勝負で教え諭しますが、虐待は、子どもの存在や気持ちをないがしろにした「親が中心」の行為です。

児童虐待が子どもに与える影響

言うまでもなく、児童虐待が子どもの心や体に与える影響は深刻です。

児童虐待による子供への主な影響は、以下のとおり多岐にわたります。

影響具体例
身体・知能・怪我、火傷、骨折、脱水症状、重度の後遺症、最悪の場合は死亡

・発育不良(低身長、低体重など)、栄養失調

・性感染症、妊娠

・知的発達の遅れ

感情・精神・自己評価の低下、自尊心や自身が育まれない

・他人への不信感が強く、人の顔色をうかがう

・感情が乏しい、表情がぎこちない

・気分の波が大きい(すぐ怒る、パニックになるなど)

・感情のコントロールができない

・孤立感、孤独感、罪悪感を抱える

行動・対人・良好な人間関係が築けない

・すぐ暴力を振るう、身勝手な言動や態度を繰り返す、極端に甘える

・年齢相応の生活習慣が身につかない

・家出、万引き、いじめ、不純異性交遊などの問題行動を繰り返す

・虐待の世代間連鎖

精神疾患など・愛着障害:幼児期には感情や衝動がコントロールできずADHD(注意欠陥多動性障害)を疑われやすい

・感情麻痺:虐待場面の情景、色、におい、その場にいた人などに恐怖を感じるようになり、感情が麻痺する

・解離:幻覚(幻聴など)、無意識の自傷行為、性的挑発、衝動的な言動、記憶の途切れなど

 

心の傷は、適切なケアと支援を長期間にわたって受ける必要があり、それらを受けても完全に言えることはありません。

また、身体の傷は時間とともに治ると言われることがありますが、重度の後遺症が残ったり、最悪の場合は死亡したりすることもあります。

厚生労働省のウェブサイトでは、児童虐待による死亡事例の推移が公表されており、把握されているだけでも、平成17年度以降毎年約70~140人もの子供が児童虐待で命を落としていることが分かります。

児童虐待による死亡事例の推移

出典:児童虐待による死亡事例の推移(児童数)|厚生労働省

虐待によってできた心と体の傷は、子どものその後の人生に深刻な影響を与え、また、被虐待児が大人になった後にその配偶者は子どもにも影響を及ぼしてしまうケースも少なくありません。

公認心理師試験の出題歴

児童虐待は、第1回公認心理師試験に出題されました(正答は赤字)。

問12 児童虐待について、正しいものを1つ選べ。

①主な虐待者は実父が多く、次に実父以外の父親が多い。

②身体的虐待、心理的虐待及び性的虐待の3種類に大別される。

③児童虐待防止法における児童とは、ં0歳から12歳までの者である。

④児童の目の前で父親が母親に暴力をふるうことは、児童虐待にあたる。

⑤児童虐待防止法が制定されて以降、児童虐待の相談対応件数は減少傾向にある。

注:「児童虐待防止法」とは、「児童虐待の防止等に関する法律」である

児童虐待や児童虐待防止法の基礎的知識を問う問題です。

公認心理師試験については、「公認心理師とは?受験資格と特例措置、試験合格率は?臨床心理士との違いは?」で詳しく解説しています。

まとめ

児童虐待とは

保護者から子供に対する身体的虐待、心理的虐待、ネグレクト、性的虐待の総称

虐待としつけの違い
  • 大人が感情にまかせて力で子どもをコントロールしようとするかどうか
  • 子供が中心か親が中心か
児童虐待が子どもに与える影響

本文記載のとおり

公認心理師試験の出題歴

第1回試験・問12

【参考】