今後も国家資格化や機能向上に関する議論が続くと予想されます。

まとめ

児童福祉司とは

児童相談所などに勤務して、児童の福祉に関する相談、専門的知見や技術に基づく助言や指導、関係機関との連携などを行う専門職員

児童福祉士の仕事内容
    子どもやその保護者などからの、子どもの福祉に関する相談に応じる
    子どもや保護者などが置かれた環境、生じている問題と環境との関連性、社会資源の活用の可能性などを明らかにするための調査や、調査結果に基づいてどのような援助が必要であるか判断するための診断を行う
    子ども、保護者、関係者などに必要な支援と指導を行う
    子どもと保護者などの関係調整を行う
児童福祉司の待遇

本文記載のとおり

児童福祉司になるには

本文記載のとおり