心理学用語や心理学を活かせる仕事を解説

古典的条件づけとは?例はパブロフの犬や梅干し?強化や消去とは?

古典的条件付け

古典的条件づけとは

古典的条件づけとは、無条件刺激と任意刺激を対呈示すること(同時に出すこと)により、無条件刺激によって起こる無条件反応を、元々は中立的であった任意刺激に対する条件反応として起こるようにする手続きです。

人を含む動物に生まれつき備わっている反射を基礎として行動を習得させる方法で、行動主義心理学における学習の基本理論です。

英語では「classical conditioning」と表記され、日本語では「古典的条件づけ」や「レスポンデント条件づけ」と訳されるか、発見者の名前にちなんで「パブロフ型条件づけ」と訳されています。

MEMO

行動主義心理学:心を客観的にとらえるために、観察することが可能な行動を研究対象とし、人の発達を「環境からの働きかけを受けて行動が変容すること」、つまり「学習」と同じ意味だと考える心理学

パブロフの犬

古典的条件づけは、ロシアの生理学者パブロフ,I.が発見し、その原理を明らかにしました。

パブロフは元々、消化腺の働きを調べるために、犬が食事中に分泌する唾液量を調べる実験を行っていました。

しかし、実験を繰り返す中で、犬が、食事を与えられるよりも前に唾液を分泌することに気づき、飼育員の足音が刺激となって唾液を分泌するようになったことを突き止めました。

その後、犬に餌を与える前にベルを鳴らす実験が行われ、ベルの音を聴くだけで犬が唾液を分泌するようになることが確認されました。

古典的条件づけの実験として有名な「パブロフの犬」です。

古典的条件づけの原理

古典的条件づけの原理を理解するには、刺激と反応に関する用語の意味を理解しておく必要があります。

刺激と反応 説明
無条件反射(UR,unconditioned response) 動物が生まれつき持っている反射(反応)
無条件刺激(US,unconditioned stimulus) 無条件反射を起こす刺激
中性刺激 無条件反応を起こさない刺激
条件刺激(CS,conditioned stimulus) 古典的条件づけによる刺激
条件反射(CR,conditioned response) 古典的条件づけによる反射(反応)

通常、古典的条件付けに関する刺激と反射は英語表記の頭文字を並べて2文字で表記されます。

古典的条件づけの原理

パブロフの犬を例にして、古典的条件づけの原理を見ていきましょう。

犬は餌を与えられると唾液を分泌しますが、このときの餌が無条件刺激(US)で、唾液の分泌が無条件反応(UR)です。

実験開始段階では、ベルの音を聴いても唾液が分泌されることはありません。

しかし、餌とベルの音の対呈示が繰り返されるうちに、犬は、ベルの音を聴くだけで、餌が与えられなくても唾液を分泌するようになります。

このときのベルの音が条件刺激(CS)、それによって唾液が分泌される反応が条件反応(CR)です。

つまり、唾液の分泌(無条件反応)を誘発しない中性刺激であったベルの音(中性刺激)が、無条件反射である餌と繰り返し対呈示されることで条件刺激となり、古典的条件づけが成立したのです。

パブロフの犬の刺激と反射(反応)をまとめると、以下のとおりです。

  • 無条件反射:唾液の分泌
  • 無条件刺激:餌
  • 中性刺激:ベルの音
  • 条件反射:唾液の分泌
  • 条件刺激:ベルの音

古典的条件づけの例

パブロフの犬以外の古典的条件づけの主な例は、以下のとおりです。

実験 刺激と反射(反応)
眼瞼条件づけ UR:まばたきをする

US:目に空気を吹き付ける

CR:まばたきをする

CS:音や光、触覚刺激など

※URと比較してCRのまばたきは小さくゆっくりであり、URとCRで全く同じ反応が起こるわけではない

皮膚伝導反応 UR:皮膚の電気伝導率の変化

US:電気ショック

CR:皮膚の電気伝導率の変化

CS:音や光など

※感情によって皮膚の電気伝導率が変化することを測定

条件性情動運動 UR:回避行動

US:嫌悪刺激(電気ショックなど)

CR:回避行動

CS:視覚・聴覚・触覚刺激など

※早く条件づけされ、長く持続する

味覚嫌悪学習 UR:回避行動(飲まなくなる)

US:気分が悪くなる薬

CR:回避行動

CS:独特な味の飲食物

※非常に早く条件づけされ、永続することもある

古典的条件づけの特徴

古典的条件づけは多くの研究者によって研究が重ねられ、獲得意外に強化、消去、制止などが起こることが明らかにされています。

強化

古典的条件づけにおける強化とは、、刺激と反応を関連付ける手段や、それによって刺激と反応の関連が強くなることです。

古典的条件づけでは、条件刺激と無条件刺激を繰り返し対呈示することにより、徐々に条件反射が起こる頻度が高くなります。

条件反射が強化されていく期間は獲得期と呼ばれ、この期間中に対呈示を止めて条件刺激だけを提示しても条件反射は強化されません。

また、条件反射は、ある段階まで強化されると漸近値(反射の確率の最高値)に達し、それ以上は強化されなくなります。

通常、無条件刺激と条件刺激が強いほど早期に条件づけが完成し、無条件刺激が強いほど漸近値は高くなります。

消去

古典的条件づけによる条件反射は、時間の経過だけではあまり消失しません。

条件づけの完成後に条件刺激の呈示を控えたとしても、数日後に条件刺激を呈示すると条件反射が起こります。

獲得された条件反射を消去する方法としては、条件刺激と無条件刺激の対呈示をせず、繰り返し条件刺激のみを提示する方法があります。

しかし、条件反射が起こらなくなったとしても、条件づけが完成する前の状態に戻ったわけではなく、時間の経過や条件刺激と無条件刺激の対呈示の再開などにより、再び反射が起こります。

自発的回復

自発的回復とは、条件反射が起こらなくなるまで消去の手続きを行っても、休憩(インターバル)をはさんで条件刺激を提示すると条件反射が回復する現象です。

つまり、消去手続きによって表面的に反射が見られなくなっても、条件刺激と条件反応の連合が断たれるわけではないのです。

自発的回復後に消去手続きを繰り返すことで、自発的回復によって起こる条件反射が徐々に弱くなり、最終的には完全に消失します。

再獲得

再獲得とは、獲得した条件反応を消去した後、再び条件づけを行うことにより、初回よりも早く条件づけが完成することです。

「昔取った杵柄」という諺(ことわざ)がありますが、一度条件づけが完成すると、消去されても再び生起されやすいのです。

また、再獲得された条件づけを消去し、その後に再び再獲得させた場合、条件づけの完成は一段と早くなります。

外制止

外制止とは、古典的条件づけが完成した後に、条件刺激と新規刺激を対呈示するか、条件刺激の直前に新規刺激を提示すると、条件反射が抑制される現象です。

脱制止

脱制止とは、条件反射を消去した後で条件刺激と新規刺激を対呈示すると、条件反射が一時的に回復する現象です。

条件性制止

条件性制止とは、特定の手続きで条件反射を制止する特性を持たせた条件刺激を呈示することで、条件反射が制止される現象です。

特定の不適切な習慣を積極的に反復すると反応性抑制が起こり、休憩をはさむことで条件付けされて、不適切な習慣が消去されるのです。

般化

般化とは、条件刺激と類似した刺激に条件づけが転移する現象です。

ただし、条件反射が起こる割合は元の条件刺激が最も高く、条件刺激との類似性が低いほど条件反射の割合も低くなります。

弁別

弁別とは、条件刺激に類似した刺激を受けても条件反射が起こらない現象です。

弁別は、学習によって獲得できることが分かっています。

高次条件づけ

高次条件づけとは、古典的条件づけが完成した後、条件刺激と新たな刺激の対呈示を繰り返すことにより、新たな刺激でも条件反射が起こるようにすることです。
条件づけの段階によって、1次条件づけ、2次条件づけ、3次条件づけなどと呼ばれます。

パブロフの犬を例にして、高次条件づけを確認しておきましょう。

パブロフの犬の実験では、犬は、ベルの音(条件刺激)を聴くと唾液が分泌(条件反射)されるようになりました。

その犬に対して、ベルの音(条件刺激)と光(新たな刺激)の対呈示を繰り返すと、犬は音を聞いただけで唾液を分泌するようになります。

これが高次条件づけです。

ポイント
  1. 餌を与えられると唾液を分泌(無条件刺激→無条件反応)
  2. 餌とベルの音を対呈示(無条件刺激と中性刺激を対呈示)
  3. ベルの音で唾液を分泌(条件刺激(中性刺激)→条件反応)
  4. ベルの音と火かえり刺激を対呈示(条件刺激と新たな刺激を対呈示)
  5. 光刺激で唾液を分泌(新たな刺激→条件反応)

※3.までが通常の古典的条件付け、4.~5.が高次条件付け

まとめ

古典的条件付けとは

無条件刺激と中性刺激を対呈示することで、無条件刺激によって起こる無条件反応を、条件刺激(中性刺激)に対する条件反応として起こさせる手続き

古典的条件付けの原理
  1. 餌を与えられると唾液を分泌
  2. 餌とベルの音を対呈示
  3. ベルの音で唾液を分泌
  • 無条件反射:唾液の分泌
  • 無条件刺激:餌
  • 中性刺激:ベルの音
  • 条件反射:唾液の分泌
  • 条件刺激:ベルの音
古典的条件付けの例
  • 眼瞼条件づけ
  • 皮膚伝導反応
  • 条件性情動運動
  • 味覚嫌悪学習
古典的条件付けの特徴
  • 強化
  • 消去
  • 自発的回復
  • 再獲得
  • 外制止
  • 脱制止
  • 条件性制止
  • 般化
  • 弁別

【参考】

  • グラフィック学習心理学―行動と認知|山内光哉、春木豊著|サイエンス社