心理学用語や心理学を活かせる仕事を解説

臨床心理士とは?なるには大学院進学が必要?試験内容と合格率は?

臨床心理士

臨床心理士とは

臨床心理士とは、内閣府が認可する「公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会」が認定する臨床心理に関する民間資格であり、その有資格者のことです。

日本における代表的な心理職の資格です。

臨床心理士の有資格者は、教育、福祉、司法、矯正などの幅広い分野において、臨床心理学に基づく知識や技術を活用して、人の心の問題の観察や分析、相談に対する助言や指導などを行っています。

フリーランスの臨床心理士もいますが、文部科学省が実施するスクールカウンセラー、児童相談所の児童福祉士、少年鑑別所の法務技官など様々な分野で活躍しています。

なお、公認心理師とは別の制度です。

公認心理師については、「公認心理師とは?受験資格と特例措置、試験合格率は?臨床心理士との違いは?」で詳しく解説しています。

臨床心理士の仕事内容

臨床心理士の仕事内容は非常に多岐にわたります。

この記事では、業務内容と職域に分けて記載します。

臨床心理士の業務内容

臨床心理士資格審査規定第11条には、固有の専門業務として4つの業務が規定されています。

臨床心理査定(アセスメント)

臨床心理査定(アセスメント)とは、心理テスト、臨床心理面接、観察などで得られた情報から、クライエント(相談者、依頼者)の個別的で独自的な特徴や課題の所在を見立てることです。

また、見立てに基づいて、クライエントの援助方法についても検討します。

臨床心理面接

臨床心理面接とは、各種心理療法の技法を活用し、クライエントの自己理解を促したり自己洞察に導いたりする「心理カウンセリング」や心理教育などを行うことです。

臨床心理士の中心的な業務であり、クライエントの特徴に応じて臨床心理学の技法を使い分け、クライエントの心の援助を行います。

臨床心理面接で用いられる臨床心理学的技法には、以下のようなものがあります。

精神分析、クライエント中心療法、行動療法、家族療法、認知療法、認知行動療法、イメージ療法、箱庭療法、集団心理療法、ゲシュタルト療法など

臨床心理的地域援助

臨床心理的地域援助とは、臨床心理学的技法を活用し、家族、地域、学校、職場などに所属する人の心の健康を支援する活動や、事故や事件の被害者、災害の被災者などの支援活動を行うことです。

個人の集合体であるコミュニティーを意識し、他の専門職や専門機関と有機的に連携しながら、コミュニティーの環境調整を行います。

臨床心理的調査・研究

人の心の問題を取り扱うためには、専門的な知識や技術を習得し、それを維持・向上させていくことが欠かせません。

そのため、より良い査定、面接、地域援助のために臨床心理に関する調査や研究も絶えず行われる必要があります。

実際に、日本臨床心理士会や各種学術研究団体などにおいて様々な調査・研究活動が行われ、その結果が臨床心理士一人ひとりに還元される仕組みも構築されています。

臨床心理士の職域

臨床心理士の資格は「汎用性」と「領域横断性」を特徴としており、その職域は教育、医療、司法・犯罪、福祉、産業・労働など多岐にわたります。

極端に言えば、人が活動するあらゆる領域が臨床心理士の職域です。

ここでは、臨床心理士の主な活動領域である教育、保健医療、福祉、司法・矯正、労働・産業分野について記載します。

教育

子どもの学業や発達、生活などに関する課題や問題について心理的援助を行います。

具体的には、子どもとの面接、親との面接、教師への助言、関係機関との連携、子どもを関係機関につなぐことなどを行います。

  • 学校の相談室(スクールカウンセラー)
  • 特別支援学級
  • 教育委員会
  • 教育センター
  • 教育相談機関など

保健医療

病気や怪我をした人、心の健康を害した人、社会にうまく適応できない人などに対する心理的援助を行います。

病院や診療所で面接、心理テスト、心理療法などを実施したり、保健センターで乳幼児健診や発達相談に応じたりするなど、幅広く活動します。

  • 病院
  • 診療所
  • 保健所
  • 保健センター
  • 精神保健福祉センター
  • リハビリテーションセンターなど

福祉

子どもの心や体の発達、障害者・女性・高齢者の問題など社会福祉に関わる諸問題について、臨床心理的な立場から援助を行います。

  • 児童相談所
  • 女性相談センター
  • 女性保護施設
  • 心身障害者福祉センター
  • 老人福祉施設
  • グループホームなど

司法・矯正

臨床心理士は、司法や矯正の分野でも活躍しています。

例えば、少年鑑別所において、犯罪をした少年(非行少年など)の心理的側面の分析を行ったり、少年院内で心理面接を行ったりします。

  • 家庭裁判所
  • 少年鑑別所
  • 少年院
  • 児童自立支援施設
  • 保護観察所
  • 刑務所
  • 拘置所など

労働・産業

仕事や職業生活に関する個人への心理的援助、企業などのコミュニティーの環境調整などを行います。

また、ハローワークにおいて職業適性に関する援助を行うこともあります。

  • 企業内相談室
  • ハローワーク
  • 地域産業保健センター
  • メンタルヘルス対策支援センター
  • 障碍者職業センターなど

臨床心理士になるには

臨床心理士になるには、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が規定する受験資格を満たし、同協会が実施する資格試験に合格する必要があります。

臨床心理士資格試験の受験資格

臨床心理士資格試験の受験資格を得るには、原則として、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が指定する臨床心理士指定大学院を修了しなければなりません。

臨床心理士の受験資格を得られる大学院には、第1種指定大学院、第2種指定大学院、専門職大学院の3種類があり、それぞれ受験資格が得られる条件が異なります。

スポンサーリンク
第1種指定大学院 大学附属心理相談機関などの臨床心理士の養成カリキュラムが充実し、修了により受験資格が得られる大学院
第2種指定大学院 大学附属心理相談機関がなく、修了後に一定期間の実務経験を積むことで受験資格が得られる大学院
専門職大学院 高度な専門性が求められる職業に就くための知識や能力を培うことを目的とする大学院で、修了することで受験資格が得られる

専門職大学院を修了した場合、資格試験の一次試験(筆記)のうち論文記述試験も免除されます。

各種大学院の一覧については、協会ウェブサイト内の「臨床心理士受験資格に関する指定大学院・専門職大学院一覧」で確認することができます。

なお、海外の指定大学院と同等以上の教育歴がある人や医師免許取得者についても、一定の実務経験を積むことで受験資格を得ることができます。

修了した大学院など 実務経験の要否または年数
第1種指定大学院(新)を修了 不要
第1種指定大学院(旧)を修了 1年
第2種指定大学院(新)を修了 1年
第2種指定大学院(旧)を修了 2年
専門職大学院を修了 不要
外国で指定大学院と同等以上の教育歴がある 2年(日本国内で)
医師免許取得 2年

受験申請

臨床心理士資格試験の受験に必要な書類は、協会に請求して入手します。

具体的な請求方法は、以下のとおりです。

郵便局へ行く

振替用紙に指名、住所を記入し、通信欄に「申請書類〇部希望」と記載する

以下の口座に送金する(1部につき1500円)

  • 口座番号:00130-1-362959
  • 加入者名:(公財)日本臨床心理士資格認定協会

なお、申請書類の請求期間は各回の試験ごとに決められているため、協会ウェブサイト内の「資格審査スケジュール」で確認しておく必要があります。

試験の内容

審査料 30,000円
申請期間 7月上旬~8月下旬
実施日 一次試験:10月中旬

二次試験:11月

一次試験 多肢選択方式:100問、2時間30分

  • 心理学の基礎的知識
  • 臨床心理査定、臨床心理面接、臨床心理的地域援助、研究調査に関する知識
論文記述:1題1001~1200字以内、1時間30分

心理臨床に関するテーマについて字数内にまとめて記述

二次試験 面接:面接委員2人による口述面接

  • 専門知識や技術の習得度の確認
  • 臨床心理士としての基本的な姿勢や態度
  • 臨床心理士として最低限備えておくべき人間関係能力

二次試験は、一次試験の成績が一定水準に達している受験者のみ受けることができます。

合格率

2017年は、受験者数が2427人、合格者数が1590人で、合格率は65.5%です。

ここ10年程度は毎年60~70%弱の合格率で推移しています。

資格認定証書の交付と資格登録

合格者は、期限までに資格認定証書の交付を申請し、協会から資格認定書と資格登録証明書を受け取ります。

資格認定が完了すると、協会発行の「日本臨床心理士名簿一覧」に氏名などが登録されます。

日本臨床心理士名簿一覧は、大学や官公庁などに広く送付されており、誰が臨床心理士として登録されているかが分かるようになっています。

資格の再認定

臨床心理士は、5年ごとに資格の再認定を受けることが義務付けられています。

資格を更新するには、資格発効日から満5年以内に以下の教育や研修に参加するなどして15ポイント以上を取得し、期限内に資格更新手続を行う必要があります。

  1. 日本臨床心理士資格認定協会主催の「臨床心理士継続研修会」「心の健康会議」に参加
  2. 日本臨床心理士会主催の「全国大会」、地区または都道府県単位の当該臨床心理士会主催の「研修会」に参加
  3.  日本臨床心理士資格認定協会が認める関連学会における諸活動に参加
  4.  日本臨床心理士資格認定協会が認める臨床心理学に関するワークショップまたは研修会に参加
  5. 日本臨床心理士資格認定協会が認めるスーパーヴァイジー経験
  6. 日本臨床心理士資格認定協会が認める臨床心理学関係の著書出版

資格の再認定制度は、臨床心理士一人ひとりに専門性を維持・向上させることを目的としています。

まとめ

臨床心理師とは

日本における臨床心理に関する民間資格

臨床心理士の有資格者は、教育、福祉、司法、矯正、医療、保健など幅広い分野で活躍

臨床心理士の仕事内容

業務内容:臨床心理査定(アセスメント)、臨床心理面接、臨床心理的地域援助、調査研究

職域:教育、保健医療、福祉、司法・矯正、労働・産業

臨床心理士になるには

本文記載のとおり

【参考】

スポンサーリンク