心理学の世界にコロがりこもう!

EAPメンタルヘルスカウンセラー(eMC資格)とは?取得の流れと試験の難易度は?

EAPメンタルヘルスカウンセラー

EAPメンタルヘルスカウンセラーとは

EAPメンタルヘルスカウンセラーとは、特定非営利活動法人EAPメンタルヘルスカウンセリング協会(以下「協会」という。)が認定する、心理カウンセラーの民間資格です。

EAPとは「Employee Assistance Program」の頭文字を並べた略称です。

EAPは、従業員のメンタルに関する問題を予防・改善する目的で、企業のメンタルヘルス対策の先進国であるアメリカ合衆国で登場したプログラムです。

アメリカでは従業員のパフォーマンスを向上させ、企業としての業績も向上させたという報告がたくさんなされています。

近年、日本においても従業員のメンタルヘルスへの配慮が求められるようになる中で、EAPを用いたメンタルヘルスケアを取り入れる企業が増加しています。

それに伴い、EAPメンタルヘルスカウンセラーも注目されるようになり、需要は右肩上がりとなっています。

現在、EAPや

MEMO

アメリカ合衆国では、フォーチュントップ500のうち90%を超える企業がEAPを導入しています。

 

そして、これらの企業の大多数から、EAPの導入により、従業員のミスや事故の減少、生産性の向上が実現したという結果が報告されています。

EAPメンタルヘルスカウンセラーを取得するメリット

現在、メンタルヘルスに関する仕事に就いている人の多くは、臨床心理士、公認心理師、精神保健福祉士などの有資格者です。

しかし、これらの資格は、大学や大学院の卒業や規定単位の取得に加え、難易度の高い試験に合格するという狭き門をくぐり抜ける必要があります。

一方で、EAPメンタルヘルスカウンセラーは、EAPに特化して大学や大学院レベルの知識や技能を身につけることができ、臨床心理士などよりも効率的かつ短期間で資格を取得することができます。

当然、資格取得には相応の努力が必要ですし、就職してからの自己研鑽も必要ですが、資格取得のハードルの低さは大きなメリットですし、資格取得によりメンタルヘルスに携わる仕事に就く道が開けます。

基本情報

資格EAPメンタルヘルスカウンセラー
認定団体特定非営利活動法人EAPメンタルヘルスカウンセリング協会
取得方法・通学講座

・資格試験

取得の流れ1.協会認定カリキュラムを受講・修了する

2.資格試験に合格する

3.資格登録をする(協会に入会)

難易度★★★★☆

【↓EAPメンタルヘルスカウンセラー講座の資料請求(無料)↓】


心理カウンセラー

EAPメンタルヘルスカウンセラー資格を取得する方法

EAPメンタルヘルスカウンセラー資格を取得するには、協会が認定するカリキュラム(EMCA認定カリキュラム)を修了し、資格認定試験に合格する必要があります。

EMCA認定カリキュラム

EMCA認定カリキュラムは、リカレントメンタルヘルススクールが提供しています。

スクールでは複数の講座が開講されていますが、以下、オーソドックスな講座の基本情報を載せておきます。

項目内容
講座名EAPメンタルヘルスカウンセラー養成コース
実施団体リカレントメンタルヘルススクール
標準学習期間全42回/105時間

・昼間:3ヶ月間

・夜間:6ヶ月間

費用・受講料:税込400,828円

・教材費・実習費:20,000円

MEMO

EAPメンタルヘルスカウンセラー試験の学科試験が免除されるコースです。

EAPの専門家を養成する目的でカリキュラムが組まれていますが、段階的にステップアップしていける構成になっているので、初学者でも無理なく学習することができます。

具体的な学習内容は、ブリーフセラピー、認知行動療法、交流分析、システムズ・アプローチなどの心理療法や心理アセスメント、会社や組織へのコンサルティングなどが中心です。

いずれもEAPメンタルヘルスカウンセラーとして勤務したときに必要となる知識や技能が厳選されています。

講座の選び方

EAPメンタルヘルスカウンセラーの講座は、上で掲載した基本講座以外に、より短期間で合格を目指す講座や、必要最低限の科目のみ受講できる講座(学科試験の免除なし)などいくつも種類があります。

そのため、まずは講座に関する資料を請求し、自分に合った講座を選ぶところから始めることになります。

【↓EAPメンタルヘルスカウンセラー講座の資料請求(無料)↓】


心理カウンセラー

資格試験

EMCA認定カリキュラムを修了した後は、修了証を取得し、協会にEAPメンタルヘルスカウンセラー資格取得試験を申し込みます。

資格試験の基本情報は、以下のとおりです。

項目内容
資格区分民間資格
主催団体特定非営利活動法人EAPメンタルヘルスカウンセリング協会
受験資格・出願日時点で21歳以上の方
・EMCAカリキュラム修了者※講座修了から3年以内
出題形式【1次(学科)試験】

・筆記試験

【2次(実技)試験】

・論述試験

・面接試験(ロールプレイ15分、口頭試問5分)

日程【第14回1次(学科)】

・試験日時:2020年1月26日(日)

・申込期間:2019年11月26日(火)~12月19日(木)

【第14回2次(実技)】

・試験日時(論述):2020年1月26日(日)

・試験日時(面接):東京(2020年2月27日(木)・2月29日(土)・3月1日(日))名古屋(2020年2月23日(日))

・合格発表:2020年3月27日(金)

【第15回1次(学科)】

・試験日時:2020年6月21日(日)

・申し込み期間:2020年4月28日(火)~5月21日(木)

【第15回2次(実技)】

・試験日時(論述):2020年6月21日(日)

・試験日時(面接):東京(2020年8月27日(木)・8月29日(土)・8月30日(日))、名古屋(2020年9月5日(土)・9月6日(日))

・合格発表:2020年9月25日(金)

検定料・1次(学科)試験:税込10,800円

・2次(実技)試験:税込27,000円

合格率【第12回試験】

・71.1%

資格登録(協会に入会)

認定試験合格後は、協会に入会することでEAPメンタルヘルスカウンセラー資格を取得できます。

入会して資格登録するには、認定試験合格に加え、以下のいずれかの要件を満たす必要があります。

要件具体的な内容
検定試験合格・メンタルヘルス・マネジメント®検定Ⅱ種またはⅠ種合格

・第一種または第二種衛生管理者(国家資格)

・キャリアコンサルタント(国家資格)

検定資格合格・医師

・臨床心理士

・保健師

・看護師

・精神保健福祉士

・2級または1級キャリアコンサルティング技能士(国家検定)

・またはEMCARがこれらと同等以上と認める資格保持者

検定資格合格+実務経験2年以上・産業カウンセラー

・シニア産業カウンセラー

・心理相談員(公的資格)

・旧標準レベルキャリア・コンサルタント(CDA資格など)

・認定心理士

・またはEMCARがこれらと同等以上と認める資格保持者

実務経験5年以上・企業等における産業保健(メンタルヘルス分野)の実務経験
MEMO

資格や実務経験がない場合、メンタルヘルス・マネジメント®検定Ⅱ種合格を目指すのが、最も早く資格を取得する方法です。

資格の更新

EAPメンタルヘルスカウンセラー資格は、5年毎の更新が必要です。

更新するには、専門指定資格を取得することと、倫理研修やEMCAアカデミーの講座受講などで得た更新ポイントを申告しなければなりません。

EAPメンタルヘルスカウンセラーの就職先と仕事内容

EMPメンタルヘルスカウンセラーの資格取得者は、産業・医療・教育分野の企業、自治体、教育機関などで勤務することが多くなっています。

これらの勤務先におけるEAPメンタルヘルスカウンセラーの主な業務は、以下のとおりです。

  • 従業員のメンタル不調の予防と早期発見(ストレスチェック、メンタルヘルス講座の実施など)
  • メンタル不調を抱える従業員に対するカウンセリング
  • メンタル疾患で休職中の人への復職サポート
  • 企業におけるEAPの構築
  • EAPのコンサルテーション

EAPメンタルヘルスカウンセラー資格を取得した私の友人や知人は、以下のようなところで働いています。

勤務先仕事内容
EAPサービス会社依頼を受けた企業に対してEAPプログラムを実施
一般企業産業医や看護師などの医療職と有機的に連携し、従業員のメンタルヘルスのケアに従事
講師企業の依頼を受けてEAP研修の講師を務める
独立・起業EAPのプロフェッショナルとして独立し、企業などの依頼を受けてEAPプログラムや講義を行う

【↓EAPメンタルヘルスカウンセラー講座の資料請求(無料)↓】


心理カウンセラー

EAPメンタルヘルスカウンセラーの口コミ

30代女性

就職後にメンタルを病んで給食した経験から、メンタルヘルスへの関心が強くなり、EAPメンタルヘルスカウンセラーを目指すことにしました。

心理学やメンタルヘルスを学んだ経験がなく、臨床心理士資格を取得することも考えましたが、相当な時間と労力がかかることから、仕事をしながら比較的短期間で取得できるEAPにしました。

30代男性

臨床心理士資格は持っていますが、EAPやメンタルヘルスの専門知識や技能を学びたいと思い、EAPメンタルヘルスカウンセラー講座を受講しました。

結果的に、大学や大学院では学びきれないような部分まで詳しく理解することができ、実務でも活かすことができています。

40代女性

EAPサービス会社に就職した後に資格を取得しました。

もともとは資格取得者のプログラムや講義の支援をしていましたが、自分でも実施したいと思っての資格取得です。

仕事をしながらの受講はしんどかったですが、そのおかげで、専門家としての経験と実績を積み上げることができるようになったので、満足しています。

50代男性

講座と試験を合わせると約40万円の費用がかかり、決して安いとは言えません。

しかし、大学院に入り直して臨床心理士を目指すよりははるかに安く、短い期間でEAPやメンタルヘルスの専門家になる道が開けます。

【↓EAPメンタルヘルスカウンセラー講座の資料請求(無料)↓】


心理カウンセラー

こんな人におすすめ

  • EAPやメンタルヘルスの専門家として活躍したい人
  • 産業分野で心理学を活かせる仕事がしたい人
  • メンタルヘルスに関心があり、初学者だが専門家を目指したい人

まとめ

EAPメンタルヘルスカウンセラーとは
  • EAPメンタルヘルスカウンセリング協会が認定する民間資格
  • EAPやメンタルヘルスの専門家として働くための資格
EAPメンタルヘルスカウンセラー資格を取得する方法
  • 協会認定講座を受講・修了
  • 資格試験に合格
  • EMCAに入会して資格登録
EAPメンタルヘルスカウンセラーの就職先・仕事内容
  • EAPサービス会社に勤務し、企業の依頼を受けてEAPプログラムを実施
  • 一般企業:従業員のメンタルヘルスに従事
  • 講師:企業の依頼でEAPについて講義
  • 独立:専門性を活かして独立
口コミ

本文記載のとおり

こんな人におすすめ

本文記載のとおり