心理学の世界にコロがりこもう!

外発的動機づけとは?心理学の定義と具体例、内発的動機づけとの違い

動機づけ 外発的動機づけ 内発的動機づけ

外発的動機づけとは

外発的動機付けとは、賞罰、評価、監視、義務、強制など外部からもたらされる動機づけです。

英語では「extrinsic motivation」と表記し、日本語では外発的動機づけと訳されます。

私たちが行動を起こし、その行動を持続する過程では、他人の賞賛や罰を恐れる気持ちなど周囲からの刺激が大きな影響を及ぼしますが、この刺激が外発的動機づけです。

動機づけとは

動機づけとは、ある目的のために行動を起こし、それを達成するまで行動を変化させたり調整したりして持続させる心理的過程を意味する心理学用語です。

英語の「motivation」の日本語訳であり、モチベーションとカタカナ表記されることもあります。

動機づけには、本人の内部からもたらされる動機づけ、外部からもたらされる動機づけがあり、それぞれ「内発的動機づけ」と「外発的動機づけ」といいます。

動機づけと似た用語に「動機」があります。

動機が「行動を起こしたり行動を方向付ける要因そのもの」を意味する用語であるのに対し、動機付けは「行動を起こして目的達成まで持続させる心理的過程」を意味するところが違います。

外発的動機づけと内発的動機づけの違い

内発的動機づけとは、外部からの刺激ではなく、自分自身の興味関心や楽しみなどによって内部から湧き起こる動機づけです。

英語では「intrinsic motivation」と表記されます。

例えば、知的好奇心を満たすために本を読む、レースで充実感や達成感を得るためにマラソンの練習に励むなど、「行動すること自体が楽しい」、「何かを成し遂げたい」という自分の中にある動機づけが内発的動機づけです。

外発的動機づけと内発的動機づけの違い

外発的動機づけと内発的動機づけの主な違いは、以下のとおりです。

目標設定

外発的動機づけは、外部から動機づけを与えられると同時に、目標も設定されます。

内発的動機づけでは、自ら目標を設定し、目標達成のために行動を起こして継続します。

行動の持続しやすさ

外発的動機づけによる行動は、他人から与えられた目標を達成するための受動的な行動であるため、定期的または不定期的に動機づけを与え続けないと、モチベーションが低下してしまいます。

内発的動機づけによる行動は、自ら設定した目標を達成するための行動であるため、モチベーションが持続しやすく、困難な課題に直面しても創意工夫をして乗り越えていきやすいものです。

外発的動機づけのメリット・デメリットと具体例

外発的動機づけには、メリットだけでなくデメリットも存在します。

外発的動機づけの主なメリットとデメリットは、以下の通りです。

メリット

まずはメリットです。

やる気のない人に行動させることができる

やる気のない人に「働け」、「勉強しろ」と言っても効果はありませんが、賞賛や罰則などの外発的動機づけを与えることで、行動や行動の持続を促すことができます。

例えば、試験前なのに勉強しない子どもに対して「今度の試験で良い点数を取れたら、小遣いをあげてやる。」と言えば、子どもが勉強する意欲を持ち、試験が終わるまではまじめに勉強を続けるでしょう。

即効性がある

外発的動機づけは、短期間のうちに行動を変容させたい場合にも役立ちます。

例えば、先ほどの勉強しない子どもの例で言えば、小遣いを上げる話をした直後から子どもは勉強を始めるでしょう。

また、上司が「一定以上の営業業績を出した人には金一封を出す。」と言えば、部下の多くが積極的な営業活動を始めるはずです。

汎用性が高い

外発的動機づけは、行動を変容させるための外部からの働きかけであり、誰にでも実践することができます。

例えば、先ほどの金一封の例で言えば、一定の権限を持つ管理職であれば誰でも実践可能です。

内発的動機づけのきっかけとなる

外発的動機づけを与えることが、本人の内発的動機づけにつながることがあります。

例えば、全幅の信頼を置く上司から仕事ぶりを賞賛されたことがきっかけで、仕事で成果を出すことにやりがいを感じるようになることがあります。

これをエンハンシング効果といい、人材育成や教育現場などで活用されています。

外発的動機づけによって内発的動機づけが高まるか否かは、動機づけを与える人と本人の関係性、本人の行動(努力)に対して動機づけが与えられること、動機付けの不定期性などが影響します。

デメリット

外発的動機づけは、人材育成や子どもの教育などで簡単に活用できる便利な方法ですが、デメリットも少なくありません。

持続性がない

外発的動機づけの一番のデメリットは、持続性がないことです。

例えば、自発的におもちゃを片付けた子どもを褒めると、最初のうちは子どもが喜び、もっと褒めてもらおうと積極的に片づけをしますが、少しずつ褒められ慣れてくると片づけをしなくなります。

大人でも同じで、優秀な業績を上げたことで一時的にボーナスをもらった仕事にやる気を出したとしても、時間の経過とともにやる気は減退していきます。

大きな成果は出にくい

外発的動機づけでは、外部が報酬や罰則などを与えることで、本人に対して求める行動や目標を明示または暗示することになります。

そのため、求めた水準の行動を行い、求めた結果が得られることはあっても、それ以上の発展性はありません。

例えば、部下に対して「一定の業績をあげたら臨時ボーナスを出す。」と約束した場合、期待した業績をクリアするための努力を引き出すことは可能ですが、それ以上の成果は出にくいものです。

自主性を引き出しにくい

外発的動機づけを与えられた本人は、報酬や賞賛を得たり罰を避けたりすることを目的として行動します。

つまり、原則として、外発的動機づけによる行動は受動的であり、本人の自主性を引き出すことは難しいところがあります。

例外的に、外発的動機づけによって内発的動機づけが高まること(エンハンシング効果)はありますが、ごく限定的なケースです。

常に動機づけを与えなければならない

外発的動機づけは、与えられた本人が慣れると効果がなくなるため、行動を持続的に引き出すには動機づけを与え続けなければなりません。

しかも、前に与えられた動機づけでは効果が薄れるため、より強い動機づけを与える必要があります。

例えば、正社員になりたいと希望する契約社員にとっては、「就労期間が一定期間を超え、一定の業績を出せば正社員にする。」と約束することは強い外発的動機づけになります。

しかし、実際に正社員にした後は「正社員にする」という動機づけはできなくなりますし、社員自身が正社員の立場に慣れるため、定期昇給など他の動機づけを与える必要に迫られます。

アンダーマイニング効果が起こる

アンダーマイニング効果とは、本人の自発的な行動に対して報酬が与えられることにより、報酬が行動の目的となり、自発的なやる気が失われるという効果です。

つまり、外発的動機づけを与えることにより、内発的動機づけが低下してしまうという、エンハンシング効果とは逆の効果が生じることがあるのです。

例えば、趣味でブログ運営をしていた人が、企業から報酬を出すので商品の紹介記事を書くよう依頼され、報酬を得て記事を書くことに慣れると、無報酬で記事を書く意欲が失せてしまいます。

まとめ

外発的動機づけとは

自分自身の興味関心など内から湧いてくるものではなく、賞罰、評価、監視、義務、強制など外部からもたらされる動機づけ

外発的動機づけと内発的動機づけの違い

内発的動機づけ:自分自身の内から湧いてくる動機づけ

外発的動機づけと内発的動機づけでは、自ら目標を設定するか否か、行動が持続しやすいか否かという違いがある

外発的動機づけのメリット・デメリットと具体例

メリット:やる気のない人の行動させることができる、即効性がある、汎用性が高い、内発的動機づけのきっかけになる

デメリット:持続性がない、大きな成果は出にくい、常に動機づけを与えなければならない、アンダーマイニング効果が起こる