心理学の世界にコロがりこもう!

押し出し反射(舌挺出反射)とは?哺乳反射や離乳食との関係は?

押し出し反射

押し出し反射(舌挺出反射)とは

押し出し反射とは、吸ったり飲み込んだりできない形状の物が口の中に入ってくると、舌で口の外へ押し出す原始反射です。

舌を出す動きから舌挺出反射(ぜつていしゅつはんしゃ)と呼ばれることもあります。

生まれたばかりの赤ちゃんは、母乳やミルクでさえ自力で飲むことはできず、哺乳反射という原始反射に頼っています。

セリグマン,A.が「生理的早産」と表現したように、運動機能などは非常に未熟な状態です。

当然ながら、母乳やミルク以外の物(主に固形物)が口の中に入っても、咀嚼(そしゃく)したり飲み込んだりすることはできず、誤って飲み込んでしまうと喉に詰まって窒息するおそれがあります。

そのため、母乳やミルク以外の物が口に入ってきたときに、反射的に口の外へ押し出して、誤飲やそれに伴う窒息を防ぐための押し出し反射が備わっているのです。

押し出し反射は、赤ちゃんの命を守る大切な反射ですが、消失前に離乳食を開始すると、口に入れた離乳食を吐き出してしまうことがあります。

MEMO
生理的早産:人の赤ちゃんが、他の離巣性の哺乳類より未熟な状態で生まれてくることを表現したもの

原始反射とは

原始反射とは、脳幹や脊髄に反射中枢を持つ、胎児期から乳児期にかけて見られる反射です。

健常な赤ちゃんは、胎児期に原始反射の多くを獲得しており、出生直後から反応を確認できます。

原始反射の役割

原始反射の主な役割は、生命維持と発達促進の2つです。

生命維持未熟な状態で出生した赤ちゃんが、胎外の環境に適応するのを支援する
発達促進原始反射による反応が繰り返し起こることにより、自発的な運動の出現が刺激される

指標としての原始反射

健常な赤ちゃんの場合、出生直後から原始反射が出現して一定の時期に自然消失するため、神経学的障害を確認する指標とされています。

乳幼児健診では、ある月齢で起こるべき反射がない、消失すべき月齢で残っている、反応の左右差が常にある、一度は消失した反射が再び出現するなどを確認されます。

また、母子手帳にも、原始反射に関する項目が設けられています。

原始反射については、「原始反射とは?原始反射の種類と出現時期・消失時期の一覧」で詳しく解説しています。

【無料】心理カウンセラー講座の資料請求

押し出し反射の出現時期と消失時期

  • 出現時期:出生後
  • 消失時期:生後5ヶ月~6ヶ月

消失時期は、離乳食を開始する上で重要になります。

押し出し反射の異常

生後6ヶ月を過ぎても押し出し反射が消失しない場合、脳(中枢神経系)の異常の可能性を疑います。

押出し反射の異常について家庭で対応できることはなく、早期受診が重要です。

【無料】心理カウンセラー講座の資料請求

押し出し反射と哺乳反射

押し出し反射は、口の中に入ってきた固形物などを口の外へ押し出す原始反射ですが、反射が起こらないこともあります。

例えば、母親の乳首や哺乳瓶の乳首が口の中に入ってきても押し出し反射は起こらず、代わりに母乳やミルクを飲むための哺乳反射が起こります。

赤ちゃんの身体には、押し出し反射以外にも原始反射が備わっていますが、哺乳反射もその1つです。

哺乳反射とは、赤ちゃんが母乳やミルクを飲むのに関わる原始反射です。

哺乳反射には、探索反射、捕捉反射、吸啜反射、嚥下反射の4種類があり、授乳時には、原則としてこの順番で起こります。

  • 探索反射:唇やその周りに触れた物の方を向き、口を開く
  • 捕捉反射:唇やその周りに触れた物を唇と舌でくわえる
  • 吸啜反射:口の中に入ってきた物に吸い付く
  • 嚥下反射:口の中に流れ込んだ液体を飲み込む

母乳やミルクを飲むことは、赤ちゃんが必要な栄養を摂取するために必要不可欠なので、哺乳反射の発動条件を満たす時は、押し出し反射は起こらない仕組みになっているのです。

ただし、乳首と勘違いして、指や柔らかい物に吸い付くことはあります。

哺乳反射については、「哺乳反射とは?探索反射、捕捉反射、吸啜反射、嚥下反射の例と消失時期は?」で詳しく解説しています。

【無料】心理カウンセラー講座の資料請求

離乳食と押し出し反射

通常、赤ちゃんの離乳食を開始するのは生後5ヶ月頃です。

生後5ヶ月頃というのは、押出し反射の消失時期と重なっていますが、偶然ではありません。

押し出し反射の消失前に離乳食を開始すると、口の中に入った離乳食が刺激となって反射が起こり、食べた物を吐き出してしまうため、反射が消失してから離乳食を開始するようになっているのです。

生後5ヶ月より早く押し出し反射が消失すれば、離乳食も早めに開始することができます。

しかし、反射が残った状態で無理に離乳食を始めると、食べさせる親がストレスを感じるだけでなく、赤ちゃんにもストレスを掛けることになります。

口に入れた物を吐き出すのは、赤ちゃんにとっても気持ちが悪いことです。

吐き出す経験を何度もするうちに、離乳食やそれを食べさせるスプーンが口に触れるだけで拒否反応を示すようになることもあります。

開始当初の離乳食は水分が多いため、口の中に入れても反射が起こらないこともありますが、あくまで偶然です。

離乳食の開始後に押し出し反射が残っていることが判明した場合、無理に離乳食を食べさせず、反射が消失するのを待つ必要があります。

押し出し反射の確認方法

押し出し反射を確認する方法は、以下のとおりです。

  1. 赤ちゃん用のスプーンを準備する
  2. スプーンを赤ちゃんの口の中に入れる

口に入れたスプーンを舌で押し出す反応があれば反射が残っており、反応がなければ消失したと考えます。

スプーンの代わりに指を入れる方法もありますが、指の感触は乳首と似ていて押出し反射が反応しないことがあるため、確度が落ちます。

なお、反射が消失した後は、赤ちゃんが自分の意思で口の中に入った物を押し出そうとすることがあります。

しかし、スプーンなどを口の中に入れてから押し出す動きまでに間があるため、反射との違いの判別は難しくありません。

【無料】心理カウンセラー講座の資料請求

まとめ

押し出し反射(舌挺出反射)とは

固形物などが口の中に入ってくると、舌で口の外へ押し出す原始反射

押し出し反射の出現時期と消失時期
  • 出現時期:出生後
  • 消失時期:生後5ヶ月~6ヶ月

生後6ヶ月を過ぎても消失しない場合は、脳(中枢神経系)の異常を疑う

押し出し反射と哺乳反射

哺乳反射:赤ちゃんが母乳やミルクを飲むために必要な一連の反応を起こす原始反射

哺乳反射が起こる条件下では押し出し反射は起こらない

離乳食と押出し反射

押し出し反射が消失してから離乳食を開始するのが基本

消失前に開始すると、口の中に入れた離乳食が吐き出されることがある

【参考】

  • 人間脳を育てる 動きの発達&原始反射の成長|灰谷孝著|花風社

コメントを残す