心理学の世界にコロがりこもう!

産業心理カウンセラーとは?資格試験の難易度、産業カウンセラーとの違いは?

産業心理カウンセラー

産業心理カウンセラーとは

産業心理カウンセラーとは、一般財団法人日本能力開発推進協会(以下「協会」という。)が認定する、心理カウンセラーの民間資格です。

取得することにより、働く人のメンタルケアやキャリア相談を援助するスペシャリストとなる知識と技能があることが証明されます。

近年、従業員のメンタルヘルスやキャリア形成に関する仕事の需要は右肩上がりで、これらの分野のスペシャリストは引く手あまたです。

産業心理カウンセラー資格を取得することで、産業分野において心理学を活かせる仕事に就くための第一歩を踏み出すことができます。

産業カウンセラーと産業心理カウンセラー

産業心理カウンセラーと名称が似た資格に、産業カウンセラーがあります。

産業カウンセラーは、一般社団法人産業カウンセラー協会が認定する、心理カウンセラーの民間資格です。

いずれも産業分野で心理学の知見を用いて活躍するのに役立つ資格ですが、以下の点が異なります。

項目産業心理カウンセラー産業カウンセラー
認定団体日本能力開発推進協会産業カウンセラー協会
通学講座の有無なしあり

一般的には、産業心理カウンセラーは産業カウンセラーの簡易版資格とされ、産業分野における心理系資格取得のファーストステップとして取得する人が多くなっています。

MEMO

産業分野で心理学を活かせる資格には、キャリアコンサルタント資格もあります。

 

キャリアコンサルタントは国家資格で、産業心理カウンセラーや産業カウンセラーよりも難易度が高くなっています。

キャリアコンサルタントについては、別の記事で詳しく解説しています。

キャリアコンサルタントとは?国家資格試験の難易度と合格率、講座の選び方は?

基本情報

資格産業心理カウンセラー
認定団体一般社団法人日本能力開発推進協会
取得方法・通信講座
取得の流れ1.通信講座を受講・修了する

2.検定試験に合格する

3.資格登録をする

難易度★★☆☆☆

【↓産業心理カウンセラーの資料請求(無料)↓】


心理カウンセラー

産業心理カウンセラー資格を取得する方法

産業心理カウンセラー資格を取得するには、協会が認定した講座を受講・修了し、検定試験に合格する必要があります。

産業心理カウンセラー資格を取得するための講座の基本情報は、以下のとおりです。

項目内容
講座名産業心理カウンセラー講座
実施団体キャリアカレッジジャパン
標準学習期間4ヶ月間
学習科目・「傾聴」による接し方
・クライエントとの信頼関係の構築技術
・産業心理カウンセラーの役割
・メンタル対応の場合の連携機関
・メンタル対応の場合の対処法
・職場復帰の流れ
・キャリアカウンセリング
・ワーク・ライフ・バランス
・企業側の法令遵守
費用講座費用:税込38,800円

受験料:税込5,600円

講座の受講

産業心理カウンセラー講座は、教材のテキスト4冊とDVD4枚を使って在宅で学習し、課題を合計4回提出すれば修了することができます。

課題の範囲はテキストの記載内容だけなので、よく確認すれば問題なく解答できるはずです。

【↓産業心理カウンセラーの資料請求(無料)↓】


心理カウンセラー

講座における試験について

講座を修了した後は、協会ウェブサイトから検定試験を申し込み、受検料を支払って在宅で試験を受けます。

産業心理カウンセラー講座における資格試験は、講座で学んだ知識と技能が身についているかを確認するために実施されます。

自宅でテキストを見ながら受験することができるので、暗記は必要ありません。

合格基準は得点率が70%以上なので、テキストで確認しながら解答すればほとんどの人が合格できます。

合否については、受検日から約1ヶ月後に自宅へ届けられます。

産業心理カウンセラーの就職先と仕事内容

産業心理カウンセラー資格は、産業分野における基礎資格であり、この資格を取得しただけで就職できる職場はほとんどありません。

ハローワークなどの求人広告を見ても、産業心理カウンセラーを条件に挙げている求人は見当たりません。

産業分野での就職を希望する場合は、産業カウンセラーやキャリアコンサルタントなど、より実際の仕事で役立ち、認知度や評価の高い資格を取得することが求められます。

【↓産業心理カウンセラーの資料請求(無料)↓】


心理カウンセラー

口コミ

30代女性

メンタルヘルスに関する仕事がしたかったのですが、心理学やカウンセリングについて学んだことがなく、第一歩として産業心理カウンセラーを選びました。

キャリアカレッジの講座を受講したことでカウンセリングやメンタルヘルス対応の基礎知識を身につけることができ、産業カウンセラー資格を取得する足掛かりになりました。

20代男性

医療分野から産業分野に転職した後、産業分野におけるカウンセリングなどの基礎知識が得たくて講座を受講しました。

現在はキャリアコンサルタント資格を取得して人材派遣会社で働いていますが、同資格の勉強で必要な基礎知識は、産業心理カウンセラー講座で学習した内容でした。

40代女性

将来的に心理カウンセラーになりたいと思っており、心理系の基礎資格を複数取得する中で、産業心理カウンセラー資格も取得しました。

メンタルケア心理士やメンタルケア心理専門士などと似た分野もあり、勉強しやすかったです。

30代男性

産業心理カウンセラーを取得した後、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、キャリアコンサルティング技能士とステップアップしました。

心理学初学者で学習に時間はかかりましたが、産業心理カウンセラー講座で基礎固めができたので、くじけずに頑張れたと思っています。

【↓産業心理カウンセラーの資料請求(無料)↓】


心理カウンセラー

こんな人におすすめ

  • 産業分野で心理学を活かせる仕事に就きたい人
  • 産業系の資格を取得したい人で、心理学の初学者
  • キャリア形成や相談、メンタルヘルスに関する仕事をしたい人

まとめ

産業心理カウンセラーとは

働く人のメンタルヘルスやキャリアに関わる仕事をするための民間資格

産業心理カウンセラー資格を取得する方法

講座を受講・修了して検定試験に合格する

産業心理アウンセラーの就職先と仕事内容

単独で仕事を見つけるのは難しい

より難関な資格を取得するためのステップと考えるのが一般的

口コミ

本文記載のとおり

こんな人におすすめ

本文記載のとおり