心理学の世界にコロがりこもう!

足底把握反射(新生児プランター反射)とは?2歳でも消失しないと異常?

新生児プランター反射

新生児プランター反射(足底把握反射)

新生児プランター反射とは、指などで赤ちゃんの足の内側を刺激すると、触れた物を掴もうとするように5本の足の指(つま先)が曲がる、または内側に巻いたようになる原始反射です。

英語では「infant plantar reflex」と表記され、日本語では「新生児プランター反射」と訳されます。

また、手の把握反射のように何かを握りしめるように見えることから「足底把握反射」、「足裏把握反射」とも呼ばれます。

新生児プランター反射は、その反応が起こる部位から、つかまり立ち、伝い歩き、一人歩きなどの開始時期やその後の運動に大きな影響を及ぼします。

足底反射と新生児プランター反射

新生児プランター反射は、同じく足底の反応が起こるバビンスキー反射とともに足底反射と呼ばれます。

バビンスキー反射とは、赤ちゃんの足裏を踵(かかと)からつま先の方へ刺激すると、親指が反って他の4指が開く原始反射です。

新生児プランター反射、バビンスキー反射、足底反射を区別せず紹介するサイトが散見されるため、注意してください。

原始反射とは

原始反射とは、脳幹や脊髄に反射中枢を持つ、胎児期から乳児期にかけて見られる反射です。

引用:原始反射|psycho-lo

ポルトマン,A.は、人の赤ちゃんが生まれた状態を他の哺乳類と比較して未熟だと捉え、「生理的早産」と表現しました。

しかし現在は、赤ちゃんは優れた五感や原始反射などを生まれ持っていることが明らかになっています。

MEMO
生理的早産:ポルトマンが、出生時の人の赤ちゃんの未熟な状態を表現するために用いた心理学用語

原始反射の役割

原始反射には2つの大きな役割があります。

生命維持運動機能などが未熟な状態で出生する赤ちゃんが、外界に適応するのを支援する
発達促進原始反射による反応が繰り返されることにより、随意行動の出現が刺激される

指標としての原始反射

原始反射は、出生直後から出現して一定の時期に消失するという特徴により、神経学的障害を確認するための指標として乳幼児健診などで活用されています。

母子手帳の月齢ごとのページ(親が子どもの状況に当てはまるものに〇をつけるページ)にも、原始反射の有無についての質問項目が設けられています。

新生児プランター反射の出現時期と消失時期

新生児プランター反射の出現時期と消失時期は、以下のとおりです。

  • 出現時期:出生後
  • 消失時期:生後9~10ヶ月

新生児プランター反射は、在胎28週頃に出現して在胎32週頃に成熟するため、出生直後から確認することができます。

健常な赤ちゃんの場合、生後9~10ヶ月頃に自然消失します。

同じ足底反射であるバビンスキー反射(消失時期:生後1~2歳)と比較すると早く消失しますが、その他の原始反射との比較では、長く保持される部類に入ります。

この反射が消失する(統合される)ことで、赤ちゃんは、つかまり立ちや伝い歩きなど足の裏を地面につけて立つ動きを見せるようになります。

新生児プランター反射の確認方法

新生児プランター反射の確認方法は、以下のとおりです。

  1. 赤ちゃんを仰向けに寝かせる
  2. 赤ちゃんの足の内側を、指や綿棒などで強めにこする

刺激に対して赤ちゃんのつま先が曲がる(内側に巻いたようになる)場合は反射が残っており、曲がらなければ消失したと考えることができます。

なお、刺激が弱すぎると反応が起こらないことがあり、強すぎると赤ちゃんが痛がるため、力加減が難しいところがあります。

新生児プランター反射の異常

新生児プランター反射が出現しない場合、脳(中枢神経系)や上部脊髄の深刻な障害、頭蓋内出血などが疑われます。

また、標準的な時期を過ぎて消失しない場合も、脳の異常などが影響している可能性があります。

反射に異常が見られる場合、家庭で対応できるものではないため、早急に小児科を受診させ、対応を検討してもらう必要があります。

新生児プランター反射が消失せず残った場合、その後の日常生活に以下のような支障が生じます。

  • 足の裏が地面に触れる度に足の指が曲がる
  • 足の裏を地面につけるのを嫌がる
  • つかまり立ち、伝い歩き、一人歩きが遅れる
  • 立つ、歩き、走る動作がぎこちない(本人も難しく感じる)
  • バランスを崩して転びやすい
  • 咄嗟に行動することが難しい
  • 靴や靴下を履くのが苦手で、履きたがらない
  • 作業中に足の指が曲がる
  • 足を使ったスポーツが苦手

いずれも、身体を動かして遊ぶことが多い幼児期から学童期の子どもにとって深刻な症状であり、運動機能の発達にも影響が及んでしまいます。

まとめ

新生児プランター反射(足底把握反射)とは

赤ちゃんの足の内側を刺激すると、触れた物を掴むようにつま先が曲がる、または内側に巻いたようになる原始反射

新生児プランター反射の出現時期と消失時期
  • 出現時期:出生後
  • 消失時期:生後9~10ヶ月

 

新生児プランター反射の異常
  • 出現しない:脳や上部脊髄の深刻な障害、頭蓋内出血などの可能性
  • 消失しない:同上

消失しない場合、移動や運動など生活全般に大きな支障が生じ、運動機能の発達にも影響が及ぶ

【参考】

  • 人間脳を育てる 動きの発達&原始反射の成長|灰谷孝著|花風社