心理学の世界にコロがりこもう!

学習性無力感とは?セリグマンの理論と具体例、克服法は?

学習性無力感

学習性無力感とは

学習性無力感とは、理由が分からないまま不快刺激にさらされて、自分では回避も抵抗もできない強いストレス状況下に長期間置かれることにより、「どうすることもできない」ことを学習し、その状況から自ら抜け出す意欲すら失せる程度の無力感を抱いた状態です。

過酷な状況に置かれ続けた結果、「何をしても無駄」という信念を抱いた状態と言い換えることもできます。

英語では「Learned helplessness」と表記し、日本語では学習性無力感の他、学習性無気力、学習性絶望感、獲得された無力感などと訳されています。

アメリカ合衆国の心理学者セリグマン,M.らが、1967年に犬を使った実験結果に基づいて提唱した概念です。

セリグマンらの実験

セリグマンらは、以下の手順で、オペラント条件づけに基づいて犬に電気刺激の回避を学習させる実験を行いました。

  1. 実験では、実験対象の犬を2つの群れに分ける。
  2. 1群を、電流が流れているもののボタンを押すと電流が止まる部屋に入れる。
  3. 2群を、電流が流れていて何をしても電流が止まらない部屋に入れる
  4. 両グループの犬をボタンを押すと電流が止まる部屋に入れる

実験の結果、1群の犬は、ボタンを押すことで電流が止まることを学習し、電気が流れるとすぐボタンを押すようになりました。

つまり、オペラント条件付け(負の強化)が完成して、電流を回避する方法を身につけたのです。

一方で、2群の犬は、試行錯誤の末に何をしても電流が止まないことを学習すると、「あきらめ」を抱き、床にうずくまって動かなくなりました。

また、ボタンを押すと電流が止まる部屋に移った後は、1群の犬が回避行動をとったのに対し、2群の犬は、うずくまったままで電流を回避する行動をとりませんでした。

セッション1群の犬2群の犬
最初の部屋部屋:電流回避「可能」

回避行動を学習

部屋:電流回避「不能

回避できないことを学習

2番目の部屋部屋:電流回避「可能」

回避行動をとる

部屋:電流回避「可能」

回避行動をとらない

セリグマンらは、この実験結果から、「自分が何をしても状況は変わらない。」という無力感が体験から学習されることを発見し、学習性無力感を提唱しました。

その後、魚、ネズミ、猫、猿、人に対して同様の実験が行われ、学習性無力感の症状がうつ病に類似していることや、人も回避や抵抗ができない状況で不快刺激を受け続けると学習性無力感に陥ることが明らかにされました。

現在も、セリグマンらの研究に基づいて、学習性無力感と抑うつ、引きこもり、パーソナリティ障害などの関連についての研究が行われています。

なお、無抵抗の人や動物に電気ショックを与えるという実験内容が強く批判され、現在では同様の実験は行われなくなっています。

オペラント条件づけについては、「オペラント条件づけとは?例とスキナーの研究、正の強化・負の強化とは?」で詳しく解説しています。

学習性無力感の原因

学習性無力感は、社会生活を送る中で複数の原因が複雑に絡み合って起こると考えられています。

現代社会において学習性無力感を引き起こしやすい要因には、以下のようなものがあります。

状況要因

セリグマンの実験では、電流を回避できない状況に置かれ続けた犬が、電流を回避する行動をとらなくなることが観察されました。

人間の場合も同じで、自力ではどうすることもできない強いストレス状況下に継続的に置かれると、「あきらめ」を学習して無気力な状態に陥りやすいものです。

強いストレス状況下としては、以下のようなものを挙げることができます。

家庭DV(家庭内暴力)、暴言やモラハラ、児童虐待など
職場上司や同僚によるモラハラ、いじめ、低賃金・長時間労働など
学校いじめ、教師の高圧的な態度、体罰など
その他犯罪被害(拉致、監禁など)、被災など

性格

学習性無力感に陥りやすい性格としては、完璧主義で責任感が強い性格や、周囲の評価を気にする性格などを挙げることができます。

完璧主義で責任感が強い

完璧主義で責任感が強い人は、何事にも高い目標を持って全力で取り組み、少しのミスや失敗でも気にしてストレスを感じます。

エネルギーが満ち溢れているうちは、多少のストレスを感じても勢いで突き進むことができますが、ミスや失敗が重なってストレスが積み重なると急激に意欲を失い、他人に頼ることもできずに「自力ではどうしようもない。」と諦めてしまうことがあります。

実際は、個人の能力ではなく、目標が現実離れしていたり、チームの実力に問題があったりすることが多いのですが、「自分の能力が不足している」と思い込み、「あきらめ」を抱いてしまうのです。

周囲の評価を気にする

子どもの頃から親や教師など周囲の大人の評価ばかり気にして、いわゆる「良い子」を演じてきた人は、大人になっても自己評価が低く、他人の評価ばかり気にして生活する傾向があります。

そのため、周囲から思うような評価を得られなくなると不安や焦りを募らせ、努力しても状況が改善しないと強い無力感に襲われて立ち直れなくなります。

自分の中に他人の評価以外に拠り所がなく、評価されなくなると途端に自分の存在価値を見失ってしまうのです。

学習性無力感の症状と具体例

学習性無力感の主な症状は、強いストレス状況から抜け出す意欲も持てない無力感です。

具体的には、以下の症状が現れます。

  • 強いストレス状況下に置かれても、その状況から抜け出す努力をしなくなる
  • ストレス状況下から抜け出せるヒントがあっても、「あきらめ」の気持ちが強く行動に移そうとしない
  • ストレスにさらされるうちに情緒的に混乱する

学習性無力感の具体例:勉強

まず、希望大学への進学を目指して受験勉強に励んでいる高校生A君のケースです。

A君は、高校3年生に進級した後、学校の授業とは別に毎日2~3時間程度の勉強をするようになりました。

しかし、学校の成績は上がらず、全国模試でも希望大学の判定は低いままで、予備校にも通い、夏季講習にも参加し、部活引退後は一日の勉強時間を4~5時間に増やしましたが、全国模試の判定は下がる一方でした。

その結果、秋ごろには、「自分の能力では何をやっても無理なんだ。」という「あきらめ」を抱いて無力感に苛まれるようになりました。

「勉強のやり方」などに原因がある可能性も否定できないのですが、「自分の能力不足」が原因だと思い込んで諦めてしまったのです。

学習性無力感の具体例:仕事

入社後10年目の中堅社員Bさんのケースも見ておきましょう。

Bさんは、入社後、突出した成果を残したわけではありませんが、仕事に関する知識と経験を身につけて安定した業績を出し続けていました。

しかし、1年前に畑違いの部署に異動した後、不慣れな業務に戸惑い、周囲からサポートも得にくく、成果が出ない日々が続きました。

上司からは日常的に叱責され、人格否定や脅迫めいた発言などもされていました。

同僚にも無視されたり、仕事を押し付けられたりし、家庭でも妻から帰宅の遅さを責め立てられるようになりました。

その結果、「自分は何をやってもダメな人間だ。」と思い込んで何事に対しても意欲が低下し、仕事の能率が著しく低下し、徐々に無断欠勤が増加していきました。

学習性無力感の具体例:家庭

学習性無力感は家庭内でも起こります。

専業主婦のCさんは、5年前に夫と結婚し、3ヶ月前に長男を出産しました。

毎日仕事で帰りが遅い夫の分も家事育児を担いましたが、24時間体制で育児をしながら家事をこなす生活に慣れず疲弊し、夫からは家事の質が低下したことを批判されていました。

その結果、「自分はダメな人間なんだ。何をやってもうまくできないんだ。」と「あきらめ」を抱き、家事も育児も手につかなくなりました。

学習性無力感の改善と克服

学習性無力感を改善・克服させるには認知的枠組みの変更、つまり「何をしても無駄」という信念を変えさせることが効果的であると考えられています。

リフレーミング

リフレーミングとは、人や物事を見る心理的なフレーム(枠組み)を外し、別のフレームで見ることで人や物事に対する意味や印象を変えることです。

リフレーミングのスキルを適切に活用することにより、否定的に捉えていた状況を肯定的に捉えなおすことができます。

学習性無力感に陥った人は、置かれた状況を自分の心理的枠組みを通して認知し、「何をしても無駄」だと思っています。

しかし、ほとんどの場合、周囲から見ると状況を改善する余地があるものです。

本人が無駄だと思い込んで無力感にとりつかれており、周囲の人も本人の思い込みを崩せないため、適切なサポートができずにいるのです。

リフレーミングにより、「何をしても無駄」という誤った認知を変えることにより、学習性無力感を改善させられる可能性があります。

近年はリフレーミングの認知度が向上し、企業や教育関係機関などでリフレーミングをテーマとした研修が実施される機会が増えており、そこで得た知識やスキルが役立つこともあるでしょう。

行動随伴性を示す

行動随伴性とは、環境→行動→変化した環境という一連の流れのことです。

通常、ある環境に対して行動を起こして好ましい変化が起こった場合はその行動の自発頻度が上がり、好ましくない変化が起こった場合はその行動の自発頻度が下がります。

「何をしても無駄」という信念は、口であれこれ説明しても崩しにくいものです。

そのため、学習性無力感を抱える人には実際に行動させて、成功体験を積ませることが大切です。

本人と話し合いながら、仕事や勉強の目標を設定し、そこへたどり着くために達成しなければならない「小さな目標」をいくつも設定して、一つひとつ達成させることで「何をしても無駄」という認知を「やればできる」という認知に変えていくのです。

ポイントは、学習性無力感の状態でもどうにか達成できるレベルの目標設定をすることです。

誰でも簡単に達成できる目標では効果が薄く、達成できないとより一層無力感を抱えることになります。

失敗の原因を示す

学習性無力感を抱える人は、失敗や挫折を「自分の能力」のせいだと考える傾向があります。

しかし、実際の失敗や挫折は、本人の能力以外が原因であることが多いため、そのことを本人に示して「何をしても無駄」という信念を変えていく方法も有効です。

ポイントは、客観的な資料を示すことと、リフレーミングのスキルを活用し、「能力」ではなく「やり方」や「努力」に課題があったことを示すことです。

状況が変わったことを認識させる

私たちの日常は刻々と変化しています。

学習性無力感から休職や不登校に陥った場合、職場や学校がサポート体制を整えるため、少なくとも「あきらめ」を抱いた状態からは状況が変化するはずです。

状況が変わったことを本人に認識させることで、「状況が変わったのであれば、何とかなるかもしれない。」という気持ちが起こることがあります。

公認心理師試験の出題歴

学習性無力感は、第1回公認心理師試験に出題されました(正答は赤字)。

問23 学習性無力感はどのような体験が繰り返されることで生じるか。正しいものを1つ選べ。

①他者から非難される体験

②特定の課題を遂行する体験

③特定の行動を回避する体験

④努力が成果に結びつかない体験

⑤特定の場面での不安や緊張の体験

引用:第1回公認心理師試験問題

公認心理師試験については、「公認心理師とは?受験資格と特例措置、試験合格率は?臨床心理士との違いは?」で詳しく解説しています。

まとめ

学習性無力感とは
自分ではどうすることもできない不快刺激を与えられる強いストレス状況下に継続的に置かれたことで、「あきらめ」を学習して無力感を抱いた状態
学習性無力感の原因
  • 状況要因:DV、虐待、モラハラ、いじめ、犯罪被害など
  • 性格:完璧主義で責任感が強い、他人の評価を気にする
学習性無力感の症状と具体例

強いストレス状況から抜け出す意欲も持てない無力感

※学校、職場、家庭など環境に関わらず起こる可能性がある

学習性無力感の改善と克服

「何をしても無駄」という信念を変更させることが重要

例:リフレーミング、行動随伴性を示す、失敗の原因を示すなど

学習性無力感の改善と克服

第1回試験・問23