心理学の世界にコロがりこもう!

マズローの欲求5段階説(自己実現理論):公認心理師が図を使って分かりやすく解説

マズローの欲求5段階説

マズローの欲求5段階説とは

マズローの欲求5段階説とは、アメリカ合衆国の心理学者マズロー,A.が、人の欲求を5段階の階層で理論化したものです。

マズローは、1943年に発表した「人間の動機づけに関する理論(A Theory of Human Motivation)」という論文で、「人は自己実現に向けて絶えず成長する存在である」という仮定に基づいて「自己実現理論(Maslow’s hierarchy of needs)」を提唱しました。

論文などでは自己実現理論と表記されることがありますが、一般的にはマズローの欲求5段階説という名称が定着しています。

マズローの欲求5段階説では、人の基本的欲求は5階層になっていると仮定します。

そして、原則として、人はまず低階層の欲求の充足を求め、その欲求が一定程度充足されると1つ上の階層の欲求の充足を求めるようになると説明されます。

また、基本的欲求から生じる欲望は悪ではなく、欲望を抑圧するよりも引き出して充足させる方が健康的かつ生産的であり、より幸せになることができるとされています。

マズローの欲求5段階説は、XY理論などのモチベーション理論に影響を与えた他、心理学以外の分野でも活用されています。

MEMO
XY理論:心理学者マクレガー,D.が提唱した、人間観や動機づけに関わる対立的な2つの理論

マズローのピラミッド図

マズローの欲求5段階説の説明には、以下のような5階層のピラミッド図が用いられるのが一般的です。

マズローの欲求5段階説

ピラミッド図を考案したのはマズロー自身ではなく、彼のスポークスマンであり研究者であったゴーブル,F.であることが分かっています。

ゴーブルは、マズローの理論を視覚的に分かりやすく示すために改良を重ね、現在のピラミッド図を完成させました。

マズローの5段階の欲求

5段階の欲求は、低階層の欲求から順に以下のとおり区分されます。

  1. 生理的欲求
  2. 安全欲求
  3. 社会的欲求/所属と愛の欲求
  4. 承認欲求/尊重欲求
  5. 自己実現欲求

5階層の欲求について、1つずつ詳しく解説します。

第1階層:生理的欲求(Physiological needs)

生理的欲求とは、人が生きるために欠かすことができない、本能に根差した欲求です。

  • 空気を吸ったり吐いたりしたい
  • 食べたい
  • 寝たい
  • 排泄したい

いずれも生命維持に欠かせない欲求であり、生理的欲求が充足されないと心身の機能に様々な障害が現れます。

現代日本においては、大規模災害発生時など特殊な状況下を除き、生理的欲求が充足できない状況に置かれることは稀であり、この欲求のみの段階にとどまっている人は限られています。

なお、性的欲求も生理的欲求に含まれますが、配偶者などを求めることは社会的欲求、配偶者などから愛されたいと願うのは承認欲求とされます。

第2階層:安全欲求(Safety needs)

安全欲求とは、安全で安心できる生活を送りたいという欲求です。

生存のための生理的欲求が一定程度充足されると、今度は安心・安全に生活したいという安全欲求が湧いてくるのです。

  • 身の安全
  • 住む場所の確保
  • 生活の安全
  • 健康状態の維持
  • 経済的安定
  • 不慮の事故や病気の救済

乳幼児は、外界の脅威に対して素直に安全を求める反応を見せます。

しかし、一般的には、安全欲求充足を露骨に求めることは好ましくないとされ、抑制するよう教育されるため、成長するにつれて現れにくくなります。

現代日本においては、社会に出て仕事をしていれば最低限の安全欲求は満たされており、安全欲求を意識する機会は多くありません。

第3階層:社会的欲求/所属と愛の欲求(Social needs/Love and belonging needs)

社会的欲求(所属と愛の欲求)とは、社会(集団)に所属して役割を果たしたい、恋人や仲間を得たいという欲求です。

  • 社会に所属したい
  • 社会の中で役割を担いたい
  • 他人と情緒的な関係を築きたい
  • 他人から受け入れられたい

生理的欲求と安全欲求が充足されて暮らしの安全が確保されると、「自分とは何か」、「自分は何を為すべきか」などを模索するようになり、他人や社会との関係性の中でアイデンティティを見いだそうとします。

社会的欲求充足を求める段階にある人は、社会内の地位や役割、人間関係などに敏感で、適応できないことに強い不安を感じます。

第4階層:承認欲求/尊重欲求(Esteem needs)

承認欲求(尊重欲求)とは、所属する社会から自分が必要な存在であると認められたい、自分で自分の存在を認めたいという欲求です。

ある社会内で地位や対人関係などを築いて社会的欲求がある程度満たされると、今度は自分というユニークな存在を他人に認めてもらい、自分も認めたいという欲求が生じるのです。

  • 自分という個人が価値ある存在だと認められたい
  • 承認されたい
  • 尊重されたい
  • 尊敬されたい
  • 自分への信頼
  • 自立性
  • 技術やスキルの獲得
  • 自分を尊重する感覚

他者承認欲求と自己承認欲求

マズローは、承認欲求を他者承認欲求と自己承認欲求の2つに区分しています。

承認欲求の種類内容
他者承認欲求他人から尊重され、評価されたいという低次の承認欲求

例:地位、名誉、優越、評判、信望、承認、重視など

自己承認欲求自分で自分の存在を尊重したいという高次の承認欲求

例:熟達、独立、スキルへの自信、自由など

マズローは、他者承認欲求の段階に留まることは、自分の評価を他人に委ね続けることであり、自分の価値を見いだせなくなるおそれがあるとしています。

また、自己承認欲求がある程度満たされることで、自分という存在を肯定的に受け止めることができ、自己実現欲求が湧く一方で、満たされないままだと劣等感や無力感を強めて自信を失うと説明しています。

第5階層:自己実現欲求(Self-actualization needs)

自己実現欲求とは、自らが持つ能力や可能性を余すことなく引き出して、自分がなり得る自分になりたいという欲求です。

自分の存在が他人から認められ、自分でも認められたという感覚が得られると、「自分がなり得る自分=自分が到達しうるあるべき自分」になりたいという欲求が生じます。

マズローは、個人のあらゆる行動の動機が自己実現欲求のためになると考えました。

また、第1階層から第5階層までの欲求を充足させた人を自己実現者と表現し、以下の特徴があると主張しました。

  1. 現実をより有効に知覚し、より快適な関係を保つ
  2. 自己、他人、自然に対する受容
  3. 自発性、素朴さ、自然さ
  4. 課題中心的
  5. プライバシーの欲求からの超越
  6. 文化と環境からの独立、能動的人間、自律性
  7. 認識が絶えず新鮮である
  8. 至高なものに触れる神秘的体験がある
  9. 共同社会感情
  10. 対人関係において心が広くて深い
  11. 民主主義的な性格構造
  12. 手段と目的、善悪の判断の区別
  13. 哲学的で悪意のないユーモアセンス
  14. 創造性
  15. 文化に組み込まれることに対する抵抗、文化の超越

第6階層:自己超越欲求(Self-transcendence needs)

マズローの欲求6段階説

自己超越欲求とは、統合された意識を持ち、他人からの見返りを求めず、他人の不幸に罪悪感を抱き、創造的であるなど崇高な欲求です。

マズローは6段階の欲求を想定

マズローが当初発表した欲求理論は欲求5段階説です。

しかし、その後も欲求理論の研究を重ね、晩年には5段階の欲求の上に「自己超越」という6段階目の欲求があると主張しました。

より正確にいうと、自己実現欲求は「超越的でない自己実現欲求」と「超越的な自己実現欲求」に分けることができると主張したのです。

そのため、マズローの欲求理論を「欲求5段階説」ではなく「欲求6段階説」と呼ぶ人もいます。

しかし、マズローが、6段階目の自己超越欲求に到達する人は全人口の2%程度とごく限られると仮定したこともあり、通常は欲求5段階説という名称が使用されます。

マズローの欲求5段階説の欲求の分類

マズローは、欲求5段階説の発表後、5階層の欲求を「精神的欲求と物質的欲求」、「内的欲求と外的欲求」、「成長欲求と欠乏欲求」という概念に分類しました。

精神的欲求と物質的欲求

精神的欲求と物質的欲求

物質的欲求生理的欲求、安全欲求
精神的欲求社会的欲求、承認欲求、自己実現欲求(自己超越欲求)

物質的欲求

物質的欲求とは、「もの」を使用したり所有したりすることで充足される欲求です。

例えば、何かを食べたいという生理的欲求は、食料を食べることで充足され、快適に過ごせる場所を確保したいという安全欲求は、家を購入したり賃貸したりすることで充足されます。

精神的欲求

精神的欲求とは、物の使用や所有で充足される欲求が満たされることで湧いてくる、社会生活や人間関係、自分に対する評価によって充足される欲求です。

例えば、良好な人間関係を築きたいという欲求は、所属する社会の中で対人関係を構築する中で充足され、職場で欠かせない存在だと思われたいという欲求は、上司・同僚・部下から承認されることで充足されます。

また、自分自身を尊重したいという欲求は、自分が自分を認めることで充足されます。

いずれも「もの」で満たすことはできない欲求です。

内的欲求と外的欲求

内的欲求と外的欲求

外的欲求生理的欲求、安全欲求、社会的欲求
内的欲求承認欲求、自己実現欲求(自己超越欲求)

外的欲求

外的欲求とは、自分の外面を充足させたいという欲求です。

人は、ポルトマン,A.が「生理的早産」と表現したように運動機能などが未熟な状態で生まれてきます。

そのため、過酷な胎外環境を生き抜くのに必要なものを得たいという生理的欲求や、安全に暮らせる環境を整えたいという安全欲求が当然に生じます。

また、成長するにつれて、快適に生活するためには所属する社会や人間関係が必要になると、それらを求めるようになります。

こうした物を所有し、人間関係を築き、社会に所属し、社会的地位を得るなど自分の周辺環境を整えることで充足されるのが外的欲求です。

MEMO
生理的早産:生まれたばかりの人の赤ちゃんが、他の離巣性の哺乳類と比較して未熟な状態であることを表現したもの

内的欲求

内的欲求とは、自分の内面を充足させたいという欲求です。

自分の周辺環境が整って外的欲求が満たされると、自分の内面を充足させたいという欲求が湧くようになります。

他人から評価されて自尊心が満たされる、自ら設定した目標を達成する、自分の能力を最大限発揮して「なるべき自分」になったと自覚するなど、内から湧く欲求を満たすことが内的欲求の充足に繋がります。

成長欲求と欠乏欲求

成長欲求と欠乏欲求

 

成長欲求生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、承認欲求
欠乏欲求自己実現欲求(自己超越欲求)

欠乏欲求

欠乏欲求とは、自分に不足しているものを、外部から得て補填(ほてん)したいという欲求です。

欠乏欲求は、自分以外の他人によって満たされるものであり、自分自身で満たすことはできません。

欠乏欲求を満たすには、他人への依存、他人との衝突、ものや地位への執着など危機的な状況を乗り越える必要があり、乗り越えない限り欠乏感を抱き続けると考えられています。

しかし、一度でも充足される経験をすると、その後、多少は欲求が満たされない状況に置かれても持ちこたえることができます。

つまり、欠乏欲求が満たされると、モチベーションを高めるには別の欲求を満たさなくてはなりません。

例えば、契約社員として働く人が、給料が良く福利厚生が充実した正社員を目指している場合、「頑張れば正社員にしてあげる。」と言われれば、困難な仕事を率先して、厄介な上司ともうまく折り合う努力をするでしょう。

しかし、晴れて正社員になった後は、「正社員にしてあげる。」と言われても仕事へのモチベーションは向上しません。

一度満たされると「当然のもの」と認識され、別の欲求が満たされないとモチベーションは向上しないのです。

この点、臨床心理学者ハーズバーグ,F.が提唱した動機付け・衛生理論では、衛生要因として以下のとおり説明されています。

衛生要因とは、苦痛や欠乏を避けたいという低次の欲求に影響を及ぼす要因です。

(中略)

仕事に対する不満足を生じさせないという予防的な役割は果たしますが、仕事に関する知識・スキルの習得や業績向上へのモチベーションを向上させる要因にはなりにくいと考えられています。

つまり、いくら衛生要因を満たしても(不満を取り除いても)、仕事への満足感を向上させてモチベーションを向上させることは難しいのです。

引用:ハーズバーグの動機付け・衛生理論(二要因理論)|psycho-lo

MEMO

ハーズバーグの動機づけ・衛生理論:ハーズバーグが提唱した、仕事の満足や不満足の要因に関する理論

成功欲求

成功欲求とは、自分が価値ある存在だという自覚を得た状態で、さらに自分を高めて成功したい、他人のサポートをしたいという欲求です。

成功欲求は、欠乏欲求と異なり、他人ではなく自分自身でないと充足させることができません。

欠乏欲求が満たされ、内的にも外的にも満たされると、自分をより高めるとともに他人を支援したいという成功欲求が生じ、それに基づいて行動するようになります。

自分自身を高めたり他人をサポートしたりすることに再現はないため、欠乏欲求のように上限はありません。

マズローの欲求5段階説の誤解

マズローの欲求5段階説は、ピラミッド図の影響により、「全ての人が低次の欲求から順番に高次の欲求を求める」と誤解されることがあります。

マズローは、「低次の欲求が満たされないと高次の欲求が湧いてこない。」と誤って解釈されることを危惧しましたが、そのとおりの誤解が生じているのです。

誤解に関して、マズローは、基本的欲求は不動ではない、つまり、「必ずしも、下位の欲求が満たされないと上位の欲求が生じないわけではない。」と説明しています。

例えば、生理的欲求や安全欲求が満たされていない状態で、自己実現欲求を希求する人がいるのです。

基本的欲求の達成度と上位の欲求

マズローは、上位の欲求が生じるためには下位の欲求が完全に充足される必要はないと説明しています。

また、基本的欲求が充足されて上位の欲求が生じるために必要な達成度について、以下のとおり示しています。

  • 生理的欲求:85%
  • 安全欲求:70%
  • 社会的欲求:50%
  • 承認欲求:40%
  • 自己実現欲求:10%

まとめ

マズローの欲求5段階説

心理学者マズロー,A.が、人の欲求を5段階の階層として理論化した欲求理論

マズローの5段階の欲求
  1. 生理的欲求:生命維持に不可欠な本能に基づく欲求
  2. 安全欲求:安全・安心な生活を送ることを求める欲求
  3. 社会的欲求/所属と愛の欲求:社会に所属し、他人から受け入れられたいという欲求
  4. 承認欲求/尊重欲求:所属する社会や他人から承認され、尊重されたいという欲求
  5. 自己実現欲求:なるべき自分になりたいという欲求
  6. 自己超越欲求:超越された崇高な欲求
マズローの欲求5段階説の欲求の分類
  • 精神的欲求と物理的欲求:「もの」以外で充足される欲求と、「もの」の使用や所有によって充足される欲求
  • 内的欲求と外的欲求:自分の内面を充足したい欲求と外面を充足したい欲求
  • 成長欲求と欠乏欲求:自分を高めて成功したり他人を支援したりすることを求める欲求と、自分に不足するものを他で補てんする欲求
マズローの欲求5段階説の誤解

「全ての人が低次の欲求から順番に高次の欲求を求める」という誤解

マズローは、「必ずしも、下位の欲求が満たされないと上位の欲求が生じないわけではない。」と説明

【参考】