パラシュート反射|姿勢反射

パラシュート反射

パラシュート反射とは

パラシュート反射は、うつ伏せに寝た赤ちゃんの身体を抱き上げて地面と水平にした状態で、急に頭を地面に近づけると、身体を支えるかのように両腕が広がる姿勢反射です。

英語では「Parachute reflex」と表記し、日本語ではパラシュート反射と訳されます。

パラシュートを開いて空から地面へ降りる人が、着地直前に両腕を大きく開く動作に似ていることから、パラシュート反射と呼ばれています。

私たちは、バランスを崩して転びそうになると、反射的に両手を床の方に伸ばして身体を支えようとしますが、基礎となる反射は乳児期のうちに獲得されているのです。

なお、赤ちゃんを座らせた状態で身体を前後左右に傾けた場合も、両手を広げて身体を支えようとする反応がみられますが、これもパラシュート反射に含まれます。

姿勢反射とは

姿勢反射とは、身体の姿勢やバランスを調整したり保持したりする反射です。

体幹や手足の関節の屈伸状態を知覚することでその位置や動きを知覚し、身体の位置、姿勢、運動のバランスを保つ役割を果たします。

引用:姿勢反射|psycho-lo

姿勢反射は、大脳皮質や中脳の発達に伴って獲得されていきます。

一度獲得された姿勢反射の多くは消失せずに残り、日常生活のあらゆる場面で姿勢の調節や保持を担います。

姿勢反射には、パラシュート反射以外にホッピング反射や視覚性立ち直り反射などがあります。

ホッピング反射 立たせた赤ちゃんの身体を前後左右に倒そうとすると、足を踏み出して平衡を保とうとする姿勢反射(生後9ヶ月頃に獲得)
視覚性立ち直り反射 座らせた赤ちゃんの身体を左右に傾けると、頭を垂直に保とうとする姿勢反射(生後6ヶ月頃に獲得)

姿勢反射と原始反射の違い

パラシュート反射を含む姿勢反射と勘違いされやすいのが、原始反射です。

原始反射とは

原始反射とは、脳幹や脊髄に反射中枢を持つ、胎児期から乳児期にかけて見られる反射です。

引用:原始反射|psycho-lo

原始反射は、赤ちゃんが胎外生活に適応するためのサポート機能であり、また、発達を促進する役割も果たします。

多くの種類がありますが、有名なのはモロー反射、ギャラン反射、手の把握反射です。

モロー反射 仰向けに寝かせた赤ちゃんの頭を少し持ち上げてから下ろすと、赤ちゃんが両腕を外側に向けて開き、その後、両腕を自分の体に引き寄せる原始反射
ギャラン反射 うつ伏せに寝かせた赤ちゃんの背中を、肩甲骨から背骨に沿って指で上から下にゆっくりこすることで、こすった側へ身体を曲げる原始反射
手掌把握反射 指などで赤ちゃんの手の平を刺激すると、手の平を握る原始反射

姿勢反射と原始反射の違い

姿勢反射は、出生後に大脳や中脳が発達するにつれて獲得され、その多くは一度獲得されると消失せず残ります。

本来は残るべき姿勢反射が消失した場合、病気や異常を疑うことになります。

一方の原始反射の多くは脳幹や脊髄を反射中枢とし、胎児期に獲得されて出生直後から出現しますが、より高次の脳の発達によって反応が抑制されます。

原始反射は、未熟な状態の赤ちゃんをサポートするための機能なので、発達に伴って必要がなくなると消失していくのです。

病気や異常が原因で原始反射が消失しない場合、随意運動(赤ちゃんの意思による運動)が起こらず、日常生活に支障が出ます。

出現時期 消失の有無
姿勢反射 出生後 消失しない
原始反射 出生時 消失する

※いずれも例外があります。

パラシュート反射の出現時期

パラシュート反射の出現時期を確認しておきます。

出現時期:生後6ヶ月頃

パラシュート反射は、大脳や中脳の発達に伴って、生後6ヶ月頃に落下時の反射がまず出現します。

その後、身体を前方に傾けた場合、左右に傾けた場合、後方に傾けた場合にもパラシュート反射が起こるようになります。

反射が起こる姿勢 出現時期
落下時 6ヶ月頃
身体を前方に傾ける 6~7ヶ月
身体を左右に傾ける 7~8ヶ月
身体を後方に傾ける 9~10ヶ月

パラシュート反射は、転倒時に自分の身を守るための基礎であり、反射獲得後は、バランスを崩したときに両手で身体を守ろうとする動きが見られるようになります。

ただし、急に上手な受け身を取れるようになるわけではないため、赤ちゃんの行動は常に見守ってあげなければなりません。

パラシュート反射の確認方法

パラシュート反射の確認方法は、以下のとおりです。

  1. 赤ちゃんを座らせるまたはうつ伏せに寝かせる
  2. 赤ちゃんの両脇に腕を入れ、うつ伏せの状態で抱き上げる
  3. 赤ちゃんの頭を下げる

赤ちゃんの頭を下げたときに両腕が大きく開けば反射が獲得されたと考えます。

近年、パラシュート反射の動画がyoutubeやSNSに投稿されるようになり、家庭で確認したいという親が増えています。

家庭で確認する場合は、安全のために大人が二人以上いるときに行うようにしてください。

なお、パラシュート反射は、赤ちゃんの発達指標の一つであり、10ヶ月健診でも必ず確認されます。

パラシュート反射の異常

パラシュート反射が出現しない場合、脳性麻痺、知的な遅れ、神経の異常などを疑います。

脳性麻痺があると、手や腕がこわばっている、筋力が弱く腕を伸ばせないなどの理由で反射が出現しません。

また、身体の異常やケガが原因で行動が起こらないことや、一度獲得した後に脳の障害などで反射が消失することもあります。

例えば、肩や腕に異常がある場合や骨折している場合、反射自体は起こっていても腕を動かすことができず、行動として現れてこないことがあります。

ただし、パラシュート反射が出現しないことだけで何らかの診断がされることはなく、各種検査を実施した上で慎重に判断されます。

10ヶ月健診における対応

10ヶ月健診でパラシュート反射が見られない場合、基本的には経過観察となります。

反射が出現する時期は個人差が大きく、10ヶ月健診の時点では小児専門医でも判断が難しいためです。

通常は、生後1歳を過ぎてパラシュート反射が見られない場合に受診するよう伝えられるか、経過確認のため健診後の通院を勧められます。

まとめ

パラシュート反射とは

赤ちゃんの身体をうつ伏せに抱き上げて地面と水平にし、頭を急に地面に近づけると、両腕が広がる姿勢反射

パラシュート反射の出現時期

出現時期:生後6ヶ月頃

【確認方法】

  1. 赤ちゃんを座らせるまたはうつ伏せに寝かせる
  2. 赤ちゃんの両脇に腕を入れ、うつ伏せの状態で抱き上げる
  3. 赤ちゃんの頭を下げる
パラシュート反射の異常

出現しない:脳性麻痺、知的な遅れ、神経の異常など

コメントを残す