心理学用語や心理学を活かせる仕事を解説

パーキンソン症状とは?パーキンソン症状が見られる認知症の種類は?

パーキンソン症状とは

パーキンソン症状とは、パーキンソン病の患者に見られる症状のことです。

例えば、動きが遅くなる、表情が乏しくなる、筋肉や関節が固くなる、転倒しやすくなる、歩行障害などが代表的な症状です。

これらの症状は、パーキンソン病以外でも見られることが明らかにされており、まとめてパーキンソン症状と呼びます。

また、パーキンソン症状が現れる病気をパーキンソン症候群と総称しています。

パーキンソン症状の種類

パーキンソン症状には運動症状と非運動症状の2種類あります。

運動症状・静止時(安静時)振戦

・無動(アキネジア)

・筋固縮(筋強剛)

・姿勢反射障害

非運動症状・自律神経症状

・認知障害

・嗅覚障害

・睡眠障害

・精神症状

・疲労

・疼痛

・体重減少

運動症状

運動症状とは、静止時振戦、無動、筋固縮、姿勢反射障害などを特徴とする、パーキンソン病の発症初期から現れる症状です。

無動の症状があり、静止時振戦または筋固縮の症状がみられるときにパーキンソン病が疑われます。

姿勢反射障害は、パーキンソン病以外のパーキンソン症候群を発症した人にみられることが多いです。

MEMO

無動、静止時振戦、姿勢反射障害はパーキンソン病の3代症状です。

静止時振戦

静止時振戦とは、何もしていない状態で震える症状です。

手または足の一方から震え始め、1秒間に4~6回程度震えることが多いです。

寝ている間は震えが収まりますが、起きると再び震えが始まって止まらなくなります。

無動

無動とは、素早い動きができなくなる症状です。

「動きが無い」と書くので動けなくなるようなイメージを持たれがちですが、歩くときに足が出にくくなるなど、素早く動けなくなります。

また、話し方の抑揚がなくなって声が小さくなったり、文字が極端に小さくなったりする症状も現れます。

筋固縮(筋強剛)

筋固縮とは、肩・膝・指などの筋肉が固くなり、スムーズに動かしにくくなる症状です。

体を動かすと筋肉が傷んだり、顔の筋肉がこわばって無表情に感じたりすることもあります。

 

姿勢反射障害

姿勢反射障害とは、体のバランスを維持する反射が障害される症状です。

体のバランスを崩して転びやすくなる、歩いている途中で急に止まれなくなる、方向を転換するのが難しくなるなど、日常生活に必要な運動ができにくくなります。

症状が進行すると、首が下がったり体が斜めに傾いたりすることもあります。

非運動症状

非運動症状とは、パーキンソン症候群に見られる運動症状以外の症状です。

自律神経症状

自律神経に関連した様々な症状が現れます。

例えば、立ちくらみ(起立性低血圧)、食後のめまいや失神、異常な発汗、むくみ、冷え、便秘や頻尿などです。

認知障害

遂行機能障害や認知症に似た症状が現れます。

例えば、物忘れがひどくなる、手順を踏む必要がある行動が計画できなくなるなどの症状が顕著になります。

嗅覚障害

においを感じなくなるのもパーキンソン症状の一つです。

睡眠障害

睡眠も障害されることがあります。

例えば、夜に眠れなくなったり、日中に慢性的な眠気を感じ続けたりするようになります。

セロトニン(精神の安定をもらたす神経伝達物質)の分泌に異常が生じることが原因と考えられています。

精神症状

うつや不安、無関心、無気力、幻覚、錯覚、妄想などの精神症状も現れます。

その他

慢性的な疲労感や疼痛、体重減少などの症状が現れることもあります。

パーキンソン症状が見られる認知症

代表的な認知症は、アルツハイマー型、脳血管障害型、レビー小体型の3つです。

アルツハイマー型脳血管障害型レビー小体型
主な症状
  • 物忘れなどの認知機能障害
  • 物盗られ妄想
  • 徘徊
  • 注意力低下
  • 独り言など
  • 斑認知症などの認知機能障害
  • 手足のしびれや麻痺などの身体異常
  • 感情制御困難など
  • 視覚障害などの認知機能障害
  • 認知機能の変動
  • 幻視・妄想
  • 睡眠時の行動障害
  • パーキンソン症状
  • うつ症状など

また、前頭葉や側頭葉の前方に萎縮の中心が認められる変性疾患として、前頭側頭葉変性症(前頭側頭型認知症)があります。

前頭側頭型認知症の主な症状は、脱抑制、特定の行動を繰り返す行動の異常、共感や感情移入の欠如、アパシー、遂行機能障害、失語症などです。

前頭側頭型認知症には、3つの亜種があります。

行動異常型前頭葉を中心に萎縮しており、行動異常が顕著
進行性非流暢性・失文法性進行性の非隆長性または失文法性失語が見られる
意味性認知症側頭葉前部領域の萎縮が顕著、意味記憶関連の記憶障害を示す

パーキンソン症状が見られるのは、レビー小体型認知症です。

公認心理師試験の出題歴

パーキンソン症状は、第1回公認心理師試験に出題されました(正答は赤字)。

問24 パーキンソン症状が最も多くみられる疾患を1つ選べ。

①進行麻痺

②意味性認知症

③前頭側頭型認知症

④Lewy小体型認知症

⑤Alzheimer型認知症

引用:第1回公認心理師試験問題

公認心理師試験については、「公認心理師とは?受験資格と特例措置、試験合格率は?臨床心理士との違いは?」で詳しく解説しています。

まとめ

パーキンソン症状とは

運動症状と非運動症状

パーキンソン症状が見られる認知症

レビー小体型認知症

公認心理士試験の出題歴

第1回試験 問24

スポンサーリンク