心理学の世界にコロがりこもう!

プロフェッショナル心理カウンセラーとは?資格取得の難易度と講座の選び方は?

プロフェッショナル心理カウンセラー

プロフェッショナル心理カウンセラーとは

プロフェッショナル心理カウンセラーとは、一般社団法人全国心理業連合会(以下「全心連」という。)が認定する、心理カウンセラーの民間資格です。

心理カウンセラーに関する資格は、複数の協会や任意団体が各々の考え方や基準で認定資格を創設しており、基準が統一されていない状態にあります。

各資格ごとに心理カウンセラーとして活動するために最低限求められる知識や技能が異なるので、カウンセラーの質に大きなばらつきが生じ、均質なカウンセリングサービスの提供ができない状況なのです。

こうした状況を踏まえて、「心理カウンセラーの全国統一認定資格」として創設されたのがプロフェッショナル心理カウンセラーです。

プロフェッショナル心理カウンセラー資格は、プロの心理カウンセラーの基準を統一し、誰でも、いつでも、どこでも、一定水準のカウンセリングを受けられるようにすることを目標としています。

心理カウンセラーの役割が明確に定められており、医療職やスピリチュアル、心理系資格の代表格である臨床心理士との違いも明確にされています。

プロフェッショナル心理カウンセラーの理念

プロフェッショナル心理カウンセラーは、3つの理念に基づいて創設されています。

  • 2種類の認定基準:上級、一般
  • 3つの分野の専門性:カウンセリングスキル、カウンセリング実習、プロフェッショナル適性
  • 社会経験の重視:社会人の参加を応援、編入等制度の工夫

2種類の認定基準

プロフェッショナル心理カウンセラーには上級と一般という2つの資格があり、それぞれ求められる心理カウンセラーの質が明確にされています。

種類内容
上級国家資格レベルの知識や技能を持った心理カウンセラー
一般心理カウンセラーとして必要な知識や技能を一通り学習し、活動している心理カウンセラー

3つの分野の専門性

プロフェッショナル心理カウンセラーでは、3つの分野で高い専門性を発揮できることが求められています。

種類内容
カウンセリングスキル心理学や心理療法の専門知識と、それを使いこなす技能がある
カウンセリング実習カウンセリングの実務経験
プロフェッショナル適性心理カウンセラーとしての姿勢や倫理観、精神

社会経験の重視

プロフェッショナル心理カウンセラーでは、社会経験が重視されています。

豊富な社会経験は、心理カウンセラーとして活動するときに重要であると考えられており、社会人の参加を応援する仕組みなどが設けられています。

基本情報

資格プロフェッショナル心理カウンセラー
認定団体一般社団法人全国心理業連合会
取得方法・認定講座受講・修了
・資格試験合格
取得の流れ1.全心連の認定講座を受講・修了

2.試験に合格

3.資格登録

難易度★★★☆☆

【↓プロフェッショナル心理カウンセラー講座の資料請求(無料)↓】


心理カウンセラー

プロフェッショナル心理カウンセラー資格を取得する方法

これからプロフェッショナル心理カウンセラーになるには、全心連が認定している教育機関で開講している講座を受講・修了し、推薦を受けた上で試験を受けて合格する必要があります。

認定教育機関で講座受講

認定教育機関で講座を受講する場合、「上級」は1,280時間、「一般」は242時間のカリキュラムを受講して修了する必要があります。

全心連の認定教育機関は全国にあり、通学と通信を選択することもできます。

ただし、講座の内容やサポート体制、費用などは期間によって異なります。

これらの違いは、資格取得へのモチベーションの維持・向上や、知識の定着度などに大きな影響を与えることになります。

そのため、「最寄りだから」、「通信が良いから」などと安易に選ばず、複数の講座を比較して慎重に選ぶことが大切です。

【↓プロフェッショナル心理カウンセラー講座の資料請求(無料)↓】


心理カウンセラー

資格試験

項目内容
資格区分民間資格
認定機関一般社団法人全国心理業連合会
受験資格全心連の認定教育機関の講座を受講・修了し、推薦を受ける
出題内容【上級】

・一次試験(筆記):多肢選択50問、120分(心理学全般、心理療法、事例、倫理等、プロフェッショナル心理カウンセラーの教育プログラム全般)

・一次試験(小論文):記述式3問、90分(事例、小論文)

・二次試験(面接、口頭試問):20~30分(ケースに基づくロールプレイと口頭試問)

【一般】

・一次試験(筆記):多肢選択50問、120分(心理学全般、心理療法、事例、倫理等、プロフェッショナル心理カウンセ ラーの教育プログラム全般)

・二次試験(面接、口頭試問):10~20分(ケースに基づくロールプレイと口頭試問)

プロフェッショナル心理カウンセラーの就職先と仕事内容

プロフェッショナル心理カウンセラーは、心理カウンセラーの知識や技能の統一基準を定めるための資格です。

上級資格は、他の心理系国家資格と同じレベルの知識や技能を有しているとみなされるので、就職で有利に働く可能性があります。

一方で、一般資格については、心理カウンセラーとして働くのに必要な知識や技能を一通り修得した状態であり、他の心理系民間資格のうち基礎的な資格と同じレベルと考えて差し支えありません。

そのため、一般資格を取得しただけでは、就職が有利になることは期待できません。

また、プロフェッショナル心理カウンセラーは、NLPプラクティショナーやキャリアコンサルタントなど特定分野での活躍を想定した資格ではないので、就職先によって仕事内容は大きく変わります。

例えば、学校のスクールカウンセラーとして就職すれば、生徒のカウンセリングが主な仕事になりますし、公務員や一般企業に就職すれば、配属先に応じた仕事をこなすことになります。

心理学を活かせる仕事:心理系公務員(心理職)の職種と勤務先、就職方法を解説

プロフェッショナル心理カウンセラーの口コミ

30代女性

心理カウンセラーに関する資格はとても多く、どれを取得すれば心理カウンセラーとして活躍できるのか分かりにくかったので、カウンセラーの仕事や求められるレベルがはっきりしていたプロフェッショナル心理カウンセラー資格を取得しました。

上級資格は、精神保健福祉士などの心理系国家資格と同じレベルを求められるので、取得には苦労しましたが、その分、就職先では評価されています。

30代男性

一般資格については他の民間資格と大差ないので、上級資格を取得しました。

悩んだのは講座選びです。

都市部に住んでいたので、複数の講座を選択できる恵まれた状況でしたが、通信にするか通学にするかで最後まで悩みました。

最終的には、複数の講座の資料を取り寄せ、スクールに確認もした上で、サポート体制が充実していた通信講座に決めました。

40代女性

心理系の民間資格を複数取得しましたが、自分が心理カウンセラーとしてどのレベルにいるのか知りたいと思い、プロフェッショナル心理カウンセラーに挑戦しました。

自分の力量を知ることは、心理カウンセラーとして成長するために必要不可欠なので、そういう意味では非常に役に立つ資格だと思います。

40代男性

心理系の民間資格が乱立し、学習内容も難易度もバラバラなので、心理カウンセラーが玉石混交の状態になっています。

プロフェッショナル心理カウンセラー資格を取得する人が増えると、カウンセラーとしてのレベルが分かりやすくなり、利用者としても安心できると思います。

【↓プロフェッショナル心理カウンセラー講座の資料請求(無料)↓】


心理カウンセラー

こんな人におすすめ

プロフェッショナル心理カウンセラーは、以下のような人におすすめです。

  • 心理カウンセラーとしての自分のレベルが知りたい人
  • 心理カウンセラーとしてステップアップしたい人
  • 社会経験を経て心理カウンセラーを目指す人

まとめ

プロフェッショナル心理カウンセラーとは
  • 一般社団法人全国心理業連合会が認定する、心理カウンセラーの民間資格
  • 心理カウンセラーの基準の統一を目標とする資格
プロフェッショナル心理カウンセラー資格を取得する方法
  • 認定教育機関で講座受講・修了
  • 資格試験に合格
プロフェッショナル心理カウンセラーの就職先・仕事内容
  • 上級資格:就職や転職で評価される可能性あり
  • 一般資格:単独では就職で有利にはなりにくい
口コミ

本文記載のとおり

こんな人におすすめ

本文記載のとおり