心理学用語や心理学を活かせる仕事を解説

パーソナリティの心理検査(質問紙法、投影法、作業検査法)の長所・短所とテストバッテリー

パーソナリティ検査の種類と長所・短所

アセスメント(臨床心理査定)で用いられるパーソナリティや自我状態に関する心理検査には、質問紙法、投影法、作業検査法の3つがあります。

質問紙法とは

質問紙法とは、質問紙に記載された定型的な質問項目に回答してもらうことにより、解答結果からアセスメントに資するデータを得る心理検査です。

質問紙の解答方法には、「選択肢」と「自由回答」の2種類あります。

質問紙法の長所は、集団で実施しやすいことと、客観的な測定や統計的な解析ができることです。

一方の短所は、回答バイアス(被検査者の故意または無意識による回答の偏り)が生じることと、無意識の側面の測定ができないことです。

代表的な質問紙法

  • YG性格検査(矢田部=ギルフォード性格検査)
  • MMPI(ミネソタ多重人格目録)
  • NEO-PI-R
  • IAT(潜在的連合テスト)
  • TEG(東大式エゴグラム)
  • MAS(顕在性不安尺度)

投影法とは

投影法とは、多義的かつ曖昧な刺激を提示し、被検査者の連想や反応から性格特性を把握する心理検査です。

投影法で与えられる刺激は、絵画、写真、図版など視覚的・言語的刺激です。

投影法の長所は、被検査者の無意識の側面を測定できることです。

一方の短所は、集団実施が困難であること、結果の解釈に検査者の主観が入り込みやすいことです。

代表的な投影法

  • ロールシャッハテスト
  • TAT(主題統覚検査)
  • SCT(文章完成法テスト)
  • ソンディテスト
  • P-Fスタディー
  • 描画テスト

作業検査法とは

作業検査法とは、被検査者に単純作業をしてもらい、作業量の推移や結果から性格特性を把握する心理検査です。

作業検査法の長所は、言語能力に依存しないことと、回答バイアスが生じにくいことです。

一方の短所は、検査から得られる情報は被検査者の側面の一部のみであることと、得られる情報が多くないことです。

作業検査法だけでアセスメント(臨床心理査定)をすることはなく、ほぼ100%、質問紙法や投影法とテストバッテリーを組みます。

代表的な作業検査法

  • 内田クレペリン作業検査
  • ベンダーゲシュタルト検査

質問紙法、投影法、作業検査法の長所と短所のまとめ

質問紙法、投影法、作業検査法の長所と短所をまとめると、以下の図のようになります。

質問紙法投影法作業検査法
長所・集団で実施しやすい

・客観的な測定や統計的な解析ができる

・被検査者の無意識の側面を測定できる・言語能力に依存しない

・回答バイアスが生じにくい

短所・回答バイアスが生じる

・無意識の側面の測定ができない

・集団実施が困難である

・結果の解釈に検査者の主観が入り込みやすい

・検査から得られる情報は被検査者の側面の一部のみである

・得られる情報が多くない

質問紙法・投影法・作業検査法の特徴の違い

3つの心理検査の特徴の違いについてもまとめました。

質問紙法投影法作業検査法
熟練の要否不要不要
集団実施不可
所要時間短い長い長い
負担の程度
測定水準意識無意識意識
言語能力依存依存依存しない
回答バイアス生じやすい生じにくい生じにくい
客観性高い低い高い

心理検査の目的

心理検査はアセスメント(臨床心理査定)を行うための手段の一つであり、アセスメントはインテーク面接におけるステップの一つです。

インテーク面接ラポール形成
アセスメント面接
行動観察
心理検査質問紙法
投影法
作業検査法
治療仮説・目標設定
インフォームドコンセプト
治療契約・同盟

アセスメントとは、クライエントの相談内容(問題の原因や経過など)を踏まえ、どのような心理的治療の理論や技法を用いるかの診断と測定をすることであり、心理的治療の途中または終了時に効果の測定を行うことです。

適格なアセスメントには、クライエントの人格、置かれた状況、規定因に関する情報を収集・分析・統合する必要があり、心理検査はそのために重要な役割を果たします。

また、近年は、介入前のアセスメントだけでなく、介入の効果測定を目的として介入後のアセスメントの実施が求められるようになっており、介入前と介入後に同じ心理検査が実施されることも増えています。

テストバッテリーとは

テストバッテリーとは、被検査者を多面的かつ重層的に把握するために、複数の心理検査を組み合わせて実施することです。

各心理検査(質問紙法、投影法、作業検査法)で把握できるパーソナリティは限られており、また、いずれも短所(欠点)があるため、異なる側面を把握できる心理検査を組み合わせることで補完することが求められるのです。

例えば、投影法の心理検査を例にとって考えてみます。

投影法の心理検査は、無意識レベルのパーソナリティを評価することができるため、被検査者の抱える問題を心の深層から明らかにしようとする場合に有効な手段となります。

しかし、検査者の主観が検査結果の解釈に入り込みやすく、判定に疑問が持たれやすいという短所があります。

そのため、投影法を実施する場合は、質問紙法とテストバッテリーを組んで実施することが多くなっています。

質問紙法は、被検査者の無意識レベルのパーソナリティを評価することはできません。

しかし、結果判定は客観的に行われる上に統計的な分析も可能なので、投影法の「主観が入り込みやすい」という欠点を補うことができます。

テストバッテリーの例

テストバッテリーの例を挙げておきます。

投影法+質問紙法(+知能検査)・投影法:無意識レベルの問題を探る

(ロールシャッハテストなど)

・質問紙法:意識レベルの性格や行動の特徴を測定する

(TEG、NEO-PI-Rなど)

・知能検査:知的能力や認知能力の測定

(WISC、WAISなど)

投影法×2+質問紙法・投影法:無意識レベルの問題を探る

(ロールシャッハテストなど)

・投影法:前意識レベルの問題を探る

(SCT、TATなど)

・質問紙法:意識レベルの性格や行動の特徴を測定する

(TEG、NEO-PI-Rなど)

テストバッテリーの注意点

テストバッテリーは、被検査者のパーソナリティを多角的かつ重層的に把握するために重要ですが、バッテリーを組む心理検査が増えるほど、被検査者の負担が大きくなります。

負担が大きくなると、心理検査へのモチベーションも低下し、それが検査結果に影響を及ぼすこともあります。

したがって、テストバッテリーを組むときは、「何を明らかにしたいか」と同時に「被検査者の負担」も考慮しなければなりません。

実務上、テストバッテリーは3種類までとし、必要に応じて実施日を複数設けるなどの配慮をするのが一般的です。

心理検査を実施するときの留意点

知らない人から「ちょっと心理検査を受けてほしいんだけど。」と言われたら、どう思いますか。

ほとんどの人は「No」と答えるでしょう。

心理検査を受けることは、程度の差はあれ多くの人にとって抵抗を感じることです。

また、被検査者に大きな負担がかかりますし、検査結果の取り扱いにも注意が必要です。

そのため、心理検査を実施する場合は、以下のようなことに留意しなければなりません。

実施の目的と実施する検査を明確にする

まず、心理検査を実施する目的を検査者が明確に自覚する必要があります。

何のために心理検査を実施するのかが決まったら、目的に応じてどの心理検査を実施するのかをテストバッテリーも含めて決定します。

その際には、被検査者の負担に配慮しなければなりません。

負担とは、精神的・身体的な負担だけでなく、時間的な負担も含みます。

ラポール形成とインフォームドコンセプト

被検査者が心理検査に対する不安や心配を少しでも緩和できるように、事前にラポールを形成することが大切です。

また、心理検査の目的と検査の内容について説明し、被検査者の合意を得た上で実施しなければなりません。

合意のない実施は被検査者に過剰な負担を与えるだけでなく、検査へのモチベーションにも悪影響を与え、信頼できる検査結果を得ることができなくなります。

検査結果の解釈

マニュアルどおりに解釈することも大切ですが、それだけではアセスメントに役立つ解釈をすることはできません。

検査結果を絶対視するのではなく、心理検査実施場面における被検査者の言動や態度、面接や行動観察で得られた情報などを総合することが求められます。

フィードバック

検査結果のフィードバックでは、被検査者の年齢や能力に応じた分かりやすい言葉で伝えることを心がける必要があります。

また、心理検査の特性や結果が全てではないことを説明することや、長所や適応的な部分に目が向くようなフィードバックも大切です。

フィードバック時の被検査者の反応は、その人の特徴を捉える機会であり、注意深く観察するのが基本です。

公認心理師試験の出題歴

パーソナリティに関する心理検査は、第1回公認心理師試験に出題されました(正答は赤字)。

問8 パーソナリティや自我状態に関する心理検査について、正しいものを1つ選べ。

①MASは、多面的にパーソナリティを測定する検査である。

②IATは、顕在的意識レベルの自尊心の個人差を測定する検査である。

③NEO-PI-Rは、パーソナリティの6つの次元を測定する検査である。

④東大式エゴグラムは、被検者の自我状態をP、A又はCの3タイプのいずれか1つに分類する検査である。

⑤YG性格検査は、パーソナリティの12の特性を測定する120項目への反応を通して被検者を典型的な型に分類する検査である。

引用:第1回公認心理師試験問題

公認心理師試験については、「公認心理師とは?受験資格と特例措置、試験合格率は?臨床心理士との違いは?」で詳しく解説しています。

まとめ

パーソナリティ検査の種類と長所・短所
  • 質問紙法:集団実施・客観的測定・統計的解析が可能だが、回答バイアスが生じやすく、無意識レベルの測定は不可
  • 投影法:無意識レベルの問題を探れるが、集団実施ができず、検査者の主観が評価に入り込みやすい
  • 作業検査法:言語能力に依存せず、回答バイアスが生じにくいが、得られる情報が限定的
心理検査の目的

面接法、行動観察法で得た情報と合わせてアセスメントを行うために必要な情報を収集すること

テストバッテリーとは

各心理検査の短所や欠点を補完し、被検査者を多面的かつ重層的に把握するため、複数の心理検査を組み合わせて実施すること

心理検査を実施するときの留意点
  • 実施の目的と実施する検査を明確にする
  • ラポール形成とインフォームドコンセプト
  • 検査結果の解釈
  • フィードバック
公認心理師試験の出題歴

第1回試験・問8

スポンサーリンク