心理学の世界にコロがりこもう!

心理学の資格一覧:心理カウンセラーや心理職になるのに役立つ資格

心理学の資格

心理学に関する資格といえば「臨床心理士」や初の国家資格である「公認心理師」が有名です。

しかし、心理カウンセラーや心理職になるのに役立つ資格はたくさんあり、それぞれ特徴も難易度も違います。

このページでは、主な心理系資格について、難易度ごとに一覧できるようにしています。

各資格について詳しく知りたい場合は、資格名をクリックすることで詳細記事を閲覧することができます。

随時更新中です。

MEMO

難易度については、psycho-lo編集部で意見を出し合って独自に決めています。

他のサイトとは異なる難易度を設定しているものもあるかと思いますが、あらかじめご了承ください。

心理学の資格:難易度☆☆☆☆☆(0)

難易度☆☆☆☆☆(0)の心理学の資格一覧です。

いずれも、資格試験がなく、講座の受講などのみで取得できます。

資格説明
認定心理士心理学を活かして仕事をするための基本的な知識や技能を身につけたことを、公益社団法人日本心理学会が認定する民間資格

「4年制大学を卒業して学士(修士)の学位を取得」、「大学または大学院で所定の36単位を修得」という条件を満たし、申請すれば取得できる

NLPプラクティショナー米国NLP協会が認定する、NLP(神経言語プログラミング)の基礎的できることを証明する資格

NLP(Neuro Linguistic Programing、神経言語プログラミング)の基礎知識が得られる

上位資格:NLPマスタープラクティショナー、NLPトレーナー、NLPマスタートレーナー

NLPマスタープラクティショナー米国NLP協会が認定するNLPに関する資格

NLPのスキル・テクニック・パターン・コンセプトを自分以外の他人にも伝える応用力があることが証明される

下位資格:NLPプラクティショナー

上位資格:NLPトレーナー、NLPマスタートレーナー

メンタルケアカウンセラー特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会など3つの団体が認定する、心理カウンセラーに関する民間資格

メンタルケア関連資格の基礎資格で、心理学の初学者がメンタルケアの基礎知識を習得するのに適している

上位資格:メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士

心理学の資格:難易度★☆☆☆☆(1)

難易度★☆☆☆☆(1)の心理学の資格一覧です。

心理学の資格:難易度★★☆☆☆(2)

難易度★★☆☆☆(2)の心理学の資格一覧です。

資格説明
メンタル心理カウンセラー一般財団法人日本能力開発推進協会が認定する、心理カウンセラーの民間資格

医療、福祉、産業、教育分野の職場でカウンセリングするための知識と技能があることが証明される

心理カウンセラー資格の中では基礎資格で、資格取得に必要な期間が短く、試験も在宅受検が可能など取得しやすい資格

上位資格:上級心理カウンセラー

産業心理カウンセラー一般財団法人日本能力開発推進協会が認定する、心理カウンセラーの民間資格

働く人のメンタルケアやキャリア相談を援助するスペシャリストとなる知識と技能があることが証明される

産業分野における心理学の資格を取得する際のファーストステップとなる資格

心理学の資格:難易度★★★☆☆(3)

難易度★★★☆☆(3)の心理学の資格一覧です。

資格説明
メンタルケア心理士特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会など3つの団体が認定する、心理カウンセラーに関する民間資格

カウンセリングの基本的な技法、精神医科学、精神解剖生理学などを習得する必要がある

下位資格:メンタルケアカウンセラー

上位資格:メンタルケア心理専門士

上級心理カウンセラー一般財団法人日本能力開発推進協会が認定する、心理カウンセラーの民間資格

心理カウンセラーとして働くのに必要な基礎的知識や技能が修得できる

下位資格:メンタル心理カウンセラー

プロフェッショナル心理カウンセラー一般社団法人全国心理業連合会が認定する、心理カウンセラーの民間資格

「心理カウンセラーの全国統一認定資格」として創設

上級と一般がある

キャリアコンサルタント職業能力開発促進法に基づく、就職や転職など職業選択に関する相談業務を行うための国家資格

就職・転職希望者が「よりよい働き方」や「よりよい生活」を実現できるよう、キャリアの視点から本人の生き方を捉えてアドバイスを行う

名称独占資格(有資格者でないとキャリアコンサルタントを名乗れない)

上位資格:キャリアコンサルティング技能士

産業カウンセラー一般社団法人産業カウンセラー協会が認定する、心理カウンセラーの民間資格

心理学の知見を活用し、働く人が抱える問題を解決できるようサポートする「働く人を援助する専門家」であることが証明される

「メンタルヘルス対策へのサポート」、「人間関係開発へのサポート」、「キャリア開発へのサポート」が主な活動領域

心理学の初学者が一から勉強して取得しやすい

心理学の資格:難易度★★★★☆(4)

難易度★★★★☆(4)の心理学の資格一覧です。

資格説明
メンタルケア心理専門士特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会など3つの団体が認定する、心理カウンセラーに関する民間資格

メンタルケアに関する資格では、最も専門知識を要求される

下位資格:メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士

EAPメンタルヘルスカウンセラー特定非営利活動法人EAPメンタルヘルスカウンセリング協会が認定する、心理カウンセラーの民間資格

EAPとは「Employee Assistance Program」の略称

従業員のメンタルに関する問題の予防・改善を目的として、企業のメンタルヘルス対策の先進国であるアメリカ合衆国で登場したプログラムで、国内でも需要が拡大中

心理学の資格:難易度★★★★★(5)

難易度★★★★★(5)の心理学の資格一覧です。

資格説明
臨床心理士内閣府が認可する「公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会」が認定する臨床心理に関する民間資格

心理系の代表的な資格で、認知度が非常に高い

受験資格を得るには、4年制大学を卒業(心理学以外でも可)して指定大学院(通信課程も可)する必要がある

合格率は60%前後を推移

2019年4月1日時点で、臨床心理士の認定者は35,912名

公認心理師公認心理師法を根拠とする、日本における心理系初の国家資格

第1回試験の合格率は79.6%と高かったが、第2回で46.4%に急落、今後は難関化する可能性あり

受験資格を得るには、特例措置を除き、心理学関係の大学と大学院(通信課程不可)を修了する必要がある

キャリア・コンサルティング技能士厚生労働大臣が指定した特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会が実施する技能検定で、キャリアコンサルティングに関する国家検定

キャリアコンサルタントの中でも知識や技能、経験と実績を併せ持つ一部の人のみ取得が認められる

1級と2級がある

下位資格:キャリアコンサルタント