心理学用語や心理学を活かせる仕事を解説

対称性緊張性頸反射とは?やり方と消失時期は?

対称性緊張性頸反射

対称性緊張性頸反射とは

対称性緊張性頸反射とは、四つん這いの赤ちゃんの頭部を後ろへ反らせたり前に倒したりすることで起こる原始反射です。

頭の動きによって見られる反応は、以下のとおりです。

頭の動き 反応
後ろに反らす 両腕が伸びて(身体が起き上がって)、両足が曲がる(お尻が下がる)
前に倒す 両腕が曲がり(身体が下がって)、両足が伸びる(お尻が持ち上がる)

英語では「symmetrical tonic neck reflex」と表記し、日本語では「対称性緊張性頸反射」と訳されます。

赤ちゃんの出生後に発達・出現して短期間だけ見られる反射で、反射による反応が繰り返し起こることにより、ハイハイやつかまり立ちに必要な動きを覚え、筋肉の発達が刺激されます。

具体的には、赤ちゃんを四つん這いの状態にすると、頭が前後に動くことで対称性緊張性頸反射が起こって身体が前後に揺れ、手足が伸びたり曲がったりします。

そして、この動きが繰り返されることで、ハイハイの動きを獲得して筋肉も発達し、反射が統合されて自発的にハイハイができるようになるのです。

また、視覚的な空間認識(対象との距離感)の向上にも役立つと考えられています。

なお、ギャラン反射(ガラント反射)も対称性緊張性頸反射の一種だと考えられています。

MEMO

ギャラン反射(ガラント反射):赤ちゃんの肩甲骨から腰骨付近の脊椎の片側をこすると、こすった側のお尻が持ち上がり、こすった側へ脊柱が曲がる原始反射

原始反射とは

原始反射とは、脳幹や脊髄に反射中枢を持つ、胎児期から乳児期にかけて見られる反射です。

引用:原始反射|psycho-lo

原始反射の多くは、胎児期に獲得されており、出生直後から確認することができますが、大脳皮質の成熟に伴って反応が抑制されて消失し、自発的な運動が機能するようになります。

モロー反射、手の把握反射、新生児プランター反射、哺乳反射などの原始反射が有名ですが、他にも数多くの反射が発見されています。

原始反射の役割

人の赤ちゃんに原始反射が備わっている理由は、生命維持と発達促進の2つあると考えられています。

生命維持 未熟な状態で出生した赤ちゃんが、胎外に適応して生き抜くのを支援する
発達促進 原始反射による反応が継続的に繰り返されることにより、赤ちゃんの随意行動の出現を刺激する

指標としての原始反射

原始反射は、標準的な出現時期と消失時期が明らかになっているため、神経学的障害を確認するための指標として活用されています。

例えば、乳幼児健診では、原始反射について以下の異常の有無が確認されます。

スポンサーリンク
  • ある月齢で起こるべき反射がない
  • 消失すべき月齢で残っている
  • 反応の左右差が常にある
  • 一度は消失した反射が再び出現する

対称性緊張性頸反射の出現時期と消失時期

対称性緊張性頸反射の出現時期と消失時期は、以下のとおりです。

  • 出現時期:生後6~7ヶ月
  • 消失時期:生後10~11ヶ月

対称性緊張性頸反射は、出生後に獲得されて数ヶ月間のうちに消失する原始反射です。

原始反射の多くが胎児期に獲得されて生後数ヶ月程度で消失することを考えると、出現時期が遅く、また、消失(統合)までの期間が短いという特徴があります。

対称性緊張性頸反射の確認方法

確認方法は、以下のとおりです。

  1. 赤ちゃんをうつ伏せに寝かせる
  2. 赤ちゃんの頭を後ろに反らしたり、前に倒したりする

頭の動きに応じて両腕両足や身体が動けば反射が残っており、頭の動きに腕や足が連動しなければ消失したと考えます。

家庭でも比較的簡単に確認できますが、頭をぶつける心配がない場所を選び、赤ちゃんが触れると危険な物を床から取り除くなど、安全面の配慮は欠かせません。

対称性緊張性頸反射の異常

対称性緊張性頸反射が消失せず残存した場合、脳(中枢神経系)などの異常が疑われます。

また、日常生活において、以下のような症状が見られるようになります。

  • 姿勢が悪い(背中を真っ直ぐに維持することが難しい)
  • 椅子に座って読み書きするのが苦手(背中が丸まる)
  • 座るときに手で頭を支える
  • 眼の遠近調節が困難(対象との距離感がつかめない)
  • 近くと遠くを交互に見ると目が疲れる
  • 視覚情報の見落としが多い
  • 球技が苦手
  • 上手に食べることができない(食べ散らかす)
  • ノートをとるのが苦手(目と手の協応が未熟)
  • でんぐり返しができない

勉強、スポーツ、私生活に大きな影響を及ぼす症状が多く、また、周囲の好奇の目や自尊心の低下などの二次被害を受けるリスクも高いものです。

まとめ

対称性緊張性頸反射とは

四つん這いの赤ちゃんの頭部を動かすことで両腕・両足や身体が動く原始反射

  • 頭を後ろに反らす:両腕が伸びて、両足が曲がる
  • 頭を前に倒す:両腕が曲がって、両足が伸びる
出現時期と消失時期
  • 出現時期:生後6~7ヶ月
  • 消失時期:生後10~11ヶ月

【確認方法】

  1. 赤ちゃんをうつ伏せに寝かせる
  2. 赤ちゃんの頭を後ろに反らしたり、前に倒したりする
対称性緊張性頸反射の異常

消失しない:脳(中枢神経系)などの異常の可能性

【参考】

  • メイザーの学習と行動|メイザ―,J.E.、磯博行坂上貴之、川合伸幸訳|二瓶社
スポンサーリンク