緊張性迷路反射(原始姿勢反射)とは?消失時期、発達障害との関係は?

緊張性迷路反射

緊張性迷路反射とは

緊張性迷路反射とは、赤ちゃんの頭を前後に傾けたときに、身体や手足が曲がる原始姿勢反射です。

英語では「tonic labyrinthine reflex」と表記し、日本語では緊張性迷路反射と訳されます。

緊張性迷路反射は前方と後方の2種類

緊張性迷路反射には、前方と後方の2種類あることが確認されています。

前方 赤ちゃんの頭を前に傾けると、筋肉の緊張度が低くなって身体が丸まり、手足が曲がる

※うつ伏せになると、手足が身体の下に入って腰が浮く

後方 赤ちゃんの頭を後ろに傾ける(反らせる)と、筋肉の緊張度が高くなって身体が伸びて、手足が伸びる

※仰向けになると、身体や手足が伸びる

緊張性迷路反射は、人のバランス感覚と空間位置感覚を司る前庭系とその他の感覚器官が協応してバランスを調整・保持するために必要とされています。

反射による反応が繰り返し起こることで、頭部が動くことによる前庭組織の変化への対応、身体の屈伸や伸筋のバランスと筋緊張度、感覚受容などが養われていきます。

原始反射とは

原始反射とは、脳幹や脊髄に反射中枢を持つ、胎児期から乳児期にかけて見られる反射です。

引用:原始反射|psycho-lo

多くの原始反射は脳幹や脊髄を反射中枢とし、胎児期に獲得されて出生直後から出現しますが、高次の脳などの発達によって反応が抑制されて自然消失(統合)します。

原始反射の役割

原始反射は、赤ちゃんの生命維持と発達促進という2つの役割を果たすと考えられています。

生命維持 運動機能などが未熟な状態で出生した赤ちゃんが、胎外で生活するのをサポートする
発達促進 原始反射による反応が繰り返されることで、随意行動の出現が刺激される

指標としての原始反射

原始反射は、神経学的障害を確認するための指標として、乳幼児健診などで活用されます。

乳幼児健診では、ある月齢で起こるべき反射がない、消失すべき月齢で残っている、反応の左右差が常にある、一度は消失した反射が再び出現するなどの異常の有無を確認します。

緊張性迷路反射の出現時期と消失時期

緊張性迷路反射の出現時期と消失時期は、以下のとおりです。

  • 出現時期:出生時
  • 消失時期:前方(生後3~4ヶ月)、後方(生後3歳頃)

前方緊張性迷路反射は、胎児期に獲得されるため、出生直後から確認することができ、生後3~4ヶ月頃に消失(統合)します。

後方緊張性迷路反射は、出生時に獲得され、生後3歳頃までに緩やかに消失(統合)します。

緊張性迷路反射の確認方法

緊張性迷路反射の確認方法は、以下のとおりです。

【前方】

  1. 赤ちゃんをうつ伏せに寝かせる
  2. 赤ちゃんの頭を前に傾ける

【後方】

  1. 赤ちゃんを仰向けに抱っこする
  2. 赤ちゃんの頭を後ろに反らせる

身体が丸まって手足が曲がる(前方)、または身体が伸びて手足も伸びる(後方)場合は反射が残っており、そうした反応がなければ消失したと考えます。

緊張性迷路反射の異常

緊張性迷路反射の異常としては、「頭の動きと身体の動きが反対」、「消失しない」などを挙げることができます。

頭の動きと身体の動きが反対

赤ちゃんの頭の動きと身体の動きが反対になる場合、緊張性迷路反射の異常(反射中枢である脳幹の異常など)疑います。

例えば、うつ伏せに寝た赤ちゃんを抱きあげた(頭を前に傾けた)ときに過剰に身体を反らせたり、仰向けに抱っこした(頭を後ろに傾けた)ときに身体を丸めたりした場合は異常です。

消失しない

緊張性迷路反射が消失せず残った場合、頭が前や後ろに傾くたびに筋肉の緊張度が変わる状態が続きます。

前方の反射が残ると頭が前に傾いたときに、後方の反射が残ると頭が後ろに傾いたときに身体のバランスなどに影響が出ます。

主な影響は、以下のとおりです。

  • 身体のバランスをうまく保てない(フラフラしている、階段の上り下りや高いところが苦手になるなど)
  • 猫背になる(座ったまま、長時間、前を向いているのがしんどい)
  • 距離感が掴みにくい(特に動いている物。ボールをキャッチできないなど)
  • 視覚異常(黒板の字が浮き出て見えるなど)
  • 全身を連動させた運動が苦手になる
  • 前を向いたり下を向いたりの繰り返しがしにくい(黒板を見てノートをとるのが苦手になるなど)

いずれの症状も学習、スポーツ、仕事、家事、育児など日常生活に影響を及ぼします。

緊張性迷路反射と発達障害(学習障害、ADHD)との関係

緊張性迷路反射が消失しないことと、発達障害の一つである学習障害(LD)や注意欠陥多動性障害(ADHD)との関連が指摘されています。

学習障害(LD) 知的発達水準に遅れがなく、感覚器官の異常もないのに、特定の能力(聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するなど)の習得と使用が困難な状態
注意欠陥多動性障害(AD/HD) 年齢や発達段階に見合わない不注意、多動性、衝動性の3つの症状のうち1つ以上の症状がある状態

学習障害については、特に、読み書き能力に障害のあるディスレクシアとの関連が指摘されています。

ただし、緊張性迷路反射が発達障害の原因だと特定されてはいません。

まとめ

緊張性迷路反射とは

赤ちゃんの頭を前後に傾けると身体や手足が曲がる原始姿勢反射

  • 前方:頭を前に傾けると、身体が丸まって手足が曲がる
  • 後方:頭を後ろに傾けると、身体が伸びて手足も伸びる
緊張性迷路反射の出現時期と消失時期
  • 出現時期:出生時
  • 消失時期:前方(生後3~4ヶ月)、後方(生後3歳頃)

【確認方法】

  • 前方:赤ちゃんをうつ伏せに寝かせ、頭を前に傾ける
  • 後方:赤ちゃんを仰向けに抱っこし、頭を後ろに傾ける
緊張性迷路反射の異常
  • 頭の動きと身体の動きが反対:脳幹の異常などの可能性
  • 消失しない:同上

コメントを残す