心理学用語や心理学を活かせる仕事を解説

公認心理師現任者講習会とは?会場と内容、申込方法は?

公認心理師現任者講習会

公認心理師現任者講習会とは

公認心理師現任者講習会とは、公認心理師試験の受験資格のうち「区分G」の受験資格を得る要件となっている講習会です。

一般財団法人日本心理研修センターや公益社団法人日本精神科病院協会などが、文部科学大臣や厚生労働大臣の指定を受けて開催します。公認心理師の受験資格

公認心理師の受験資格は区分A~Gまでの7つ(DはさらにD1とD2に区別される)あります。

区分A~Cは正規ルート、区分D~Gは特例ルートとされています。

区分A~C

順序 A B C
1 4年制大学で規定科目履修 A、Bと同等以上の知識と技術を持つとの認定を受ける
2 大学院で規定科目履修 一定期間の実務経験
3 公認心理師試験
4 公認心理師資格登録

区分D~G

順序 D E F G
1 法施行前に大学院で規定科目履修 法施行前に大学で規定科目履修 特定の施設で5年間の実務経験
2 大学院で科目履修 一定期間の実務経験 現任者講習受講
3 公認心理師試験
4 公認心理師資格登録

区分Gの特徴

区分A~Fまでは公認心理師法施行規則に定められた科目を大学や大学院で履修することが要件に含まれます。

しかし、区分Gは、科目履修を要件とせず、「実務経験」と「現任者講習の受講」で受験資格を得ることができます。

実務経験は、期間、勤務施設、業務内容の要件があります。

期間 5年以上
勤務施設 公認心理師法施行規則第5条規定の施設
業務内容 公認心理師法第2条規定の業務

区分Gは、2017年9月15日(公認心理士制度開始時)から5年に限って実施される特例措置です。

公認心理師の受験資格の特例措置については、「公認心理師の受験資格の特例措置とは?実務経験と講習受講だけで受験できる?」で詳しく解説しています。

公認心理師試験に役立つか?

現任者講習会は試験のための講習会ではない「現任者講習会は試験対策用の講習会である」と思っている人がいますが、誤解です。

現任者講習会は、公認心理師の役割や倫理など、資格取得にあたって理解すべきことを学習する場であり、公認心理師試験の内容とは何ら関係がありません。

MEMO

2018年に現任者講習会を受講した上で公認心理師試験を受験しましたが、講習会の内容やテキストからの出題はほぼありませんでした。

上記のとおり、講習会の実施者が試験対策に特化した講習会ではないと明示しており、試験対策として捉えるべきではないでしょう。

公認心理師現任者講習会の実施者・日程・会場(2019年)

2019(平成31、令和元)年に厚生労働省が指定した現任者講習会の実施者は、以下のとおりです。

  • 一般財団法人日本心理研修センター
  • 公益社団法人日本精神科病院協会
  • 一般社団法人国際心理支援協会
  • 公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター
  • 一般社団法人日本遠隔カウンセリング協会一般社団法人日本産業カウンセラー協会
  • 一般社団法人共生の未来考究会一般社団法人東京メディカルアンビシャス
  • 公益財団法人関西カウンセリングセンター
  • 一般社団法人日本スクールカウンセリング推進協議会

現任者講習会の日程

2019年4月16日現在、第2回公認心理師試験の受験申込に間に合う講習会は全て終了しています。

今後の予定については、決定後に「公認心理師現任者講習会|厚生労働省」に掲載される予定です。

現任者講習会の会場

2019年の現任者講習会(日本心理研修センターと日本精神科病院協会実施分)は、以下の会場で実施されました。

【日本心理研修センター実施】

  • 東京都渋谷区 ベルサール渋谷ファースト
  • 東京都文京区 ベルサール飯田橋ファースト
  • 東京都新宿区 ベルサール高田馬場
  • 東京都文京区 ベルサール飯田橋ファースト
  • 愛知県名古屋市 TKPガーデンシティPREMIUM名駅西口
  • 大阪府大阪市 サンライズビル大阪
  • 大阪府大阪市 サンライズビル大阪

【日本精神科病院協会実施】

  • 北海道札幌市 北海道自治労会館
  • 宮城県仙台市 仙台国際会議場
  • 広島県広島市 広島国際会議場
  • 福岡県福岡市 福岡国際会議場

公認心理師現任者講習会の内容

公認心理師現任者講習会の内容は、日本心理研修センターのウェブサイトに掲載されています。

他団体が実施する講習会も、基本的には日本心理研修センターと同じ内容です。

科目

科目 時間
公認心理師の職責 1.5時間
主な分野(保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働)に関する制度 7.5時間
主な分野(保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働)に関する課題と事例検討 7.5時間
精神医学を含む医学に関する知識 6時間
心理的アセスメント 3時間
心理支援 3時間
評価・振り返り 1.5時間
合計 30時間

出典:現任者講習会について|講習・試験・登録|一般財団法人日本心理研修センター公認心理師試験

各科目の具体的な内容については、出典を確認してください。

公認心理師の役割、義務、倫理など有資格者に求められる事柄と、公認心理師が実際に勤務する現場における基礎的な知識を広く浅くなぞる内容になっています。

そのため、自分が勤務先で実務経験を積んでいる分野については物足りなさを感じますが、その他の分野について知ることができるという意味では有意義です。

標準プログラム

現任者講習会 標準プログラム

出典:現任者講習会について|講習・試験・登録|一般財団法人日本心理研修センター公認心理師試験

プログラムの内容は変更になることがあります。

現任者講習会のテキスト

現任者講習会のテキストは、以下の書籍です。

  • 書籍名:公認心理師現任者講習会テキスト[2019年版]
  • 監 修:一般財団法人日本心理研修センター
  • 出版社:金剛出版
  • 定 価:本体3,800円+税(税込4,104円)

現任者講習会に持参する物

  • 受講票(顔写真を貼り付けたもの)
  • 現任者講習会テキスト

公認心理師現任者講習会の申込方法

現任者講習会を実施する団体のウェブサイトで開催日時を確認し、都合の良い講習会に参加申込みを行います。

各講習会ごとに申込受付期間が設定されており、期間を経過すると申し込めなくなるため、早めの確認と申込みを心がけてください。

日本心理研修センターが主催する現任者講習会への申込手順は、以下のとおりです。

  1. 申込締切期限までに「現任者講習会について」最下の申込みリンクから申込み(期限後から次の申込期間まではリンク解除)
  2. 申込締切後、申込者を第1希望から第7希望まで割振り
  3. 会場割振結果をメールで通知(申込期限から1週間以内が目途)
  4. 入金締切:会場割振結果連絡の約1週間後(通知メールに記載)
  5. 受講票発送:申込期限から約1ヶ月後

申込期間は毎年1月上旬から中旬にかけてです。

受講希望者が各講習会の定員を上回る場合は、「抽選」により割り振られることになります。

MEMO

申込期間は「約11日間」と非常に短いため、注意しなければなりません。

また、遅刻、早退、欠席(受講中断)は認められていないため、確実に受講できるコースを選ぶ必要があります。

受講料

日本心理研修センターが主催する現任者講習の受講料は70,000円(テキスト代は含まない)で、指定された期限までに銀行振込みで支払います。

なお、受講料は実施団体によって異なるため、各団体のウェブサイトを確認してください。

MEMO

受講の取消しは可能ですが、受講料を振り込んだ後に取り消した場合、受講料は返還されません。

公認心理師現任者講習会を受講した後

受講終了後、修了書と修了証明書が交付されます。

両書面は公認心理師試験の受験申込時に必要となる大切な書面なので、失くさないように保管しておかなければなりません。

公認心理師試験については、「公認心理師とは?受験資格と特例措置、試験合格率は?臨床心理士との違いは?」で詳しく解説しています。

まとめ

公認心理師現任者講習会とは

公認心理師試験の特例措置の一つ「区分G」の受験資格を得るために受講する講習会

公認心理師試験の対策になる内容はなく、有資格者に求められる知識の付与が中心

本文記載のとおり

公認心理師現任者講習会の内容

公認心理師有資格者に求められる知識や、公認心理師が実際に勤務する現場における基礎的な知識を広く浅く学習

公認心理師現任者講習会の申込方法

本文記載のとおり

公認心理師現任者講習会を受講した後

講習終了時に交付される修了書及び修了証明書を保管し、公認心理師試験申込時に添付資料として提出

【参考】